« 「ワダエミ」 と 「平野レミ」 | トップページ | 「オーラ」 って、どこから来るんだろう? »

2006/02/24

「堀江メール」 の目的と結果って?

いわゆる 「堀江メール」 事件、民主党が思いっきり地雷を踏んだということのようだ。

地雷の仕掛け方は、そんなに上等なものでもなかったのに、永田議員と民主党が、あまりにも無邪気に踏んづけちゃったということなんだろうなあ。その想定外の無邪気さに、仕掛けた方としても、複雑な心境かもしれない。

運転しながらカーラジオのニュース番組を聞いていると、多くの解説者が 「あぁ、民主党、やっちゃったよ」 という感じで、妙に冷めて突き放したモノの言い方をしていた。普通、この種の問題が持ち上がったら、マスコミは大喜びで自民党批判をするところなのに。

確実に、マスコミでは、この 「怪文書」 の存在は事前に知られていたのだ。

「俺たちがアブなすぎて触れなかったものを、よりによって、予算委員会の質問という形で、大上段に振りかぶって表沙汰にするなんて、民主党もヤキがまわったかな」 とでも言いたそうな解説ぶりだった。

変な裏読みをしてしまうと、この 「怪文書」 をマスコミや永田議員に持ち込んだ何者か (フリージャーナリストなどと言われているが) は、踊らされ、利用されたんじゃないかと思われる。たまたま入手したメールのコピーを、単に商売の種にしようとしたのだろう。

じゃあ、誰がその 「怪文書」 を作成した黒幕なのか。このあたり、あの世界周辺のドロドロさ加減が思われて、かなりげんなりしてしまう。

「怪文書」 作成の基本的な目的からして、少なくとも二通り考えられる。一つは、単純に 「武部追い落とし」 によって小泉政権を追いつめようとしたものだ。武部氏とホリエモンの家族ぐるみでの仲良しぶりは、既に知られていることだから、何かあっても不思議はないし。

もし、この目的で作成されたのだとしたら、永田議員の無邪気すぎるやり方は、「ぶちこわし」 以外の何ものでもなかったわけだ。黒幕としては 「もう少しうまくやれよ〜」 と言いたいところかもしれない。

しかし逆に、これを利用して永田議員に地雷を踏ませ、形勢逆転してしまうという 「ウルトラ C 技」 と考えることもできる。そう考えると、地雷効果は当初の想定の 120%ぐらいだったろう。

あぁ、関わりたくない世界である。くわばらくわばら。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「ワダエミ」 と 「平野レミ」 | トップページ | 「オーラ」 って、どこから来るんだろう? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

私は、武部幹事長の反応から、なんらかの事が背後にあると思います。
何だか、びくびくしていて、以前の元気が無くなっています。
堀江メールも、ニセモノだとしても、内容までが全く根拠のないものか?疑問だと思います。
そのうち、何かが出てきそうな気がします。

投稿: alex99 | 2006/02/25 16:02

alex さん:

私、本文では以下のように書きました。

「武部氏とホリエモンの家族ぐるみでの仲良しぶりは、既に知られていることだから、何かあっても不思議はないし」

本心は、以下の如くです。

「・・・・・・ 何もなかったなんてはずがないし」

投稿: tak | 2006/02/25 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/8812753

この記事へのトラックバック一覧です: 「堀江メール」 の目的と結果って?:

« 「ワダエミ」 と 「平野レミ」 | トップページ | 「オーラ」 って、どこから来るんだろう? »