« 日本語と逆上がりの関係を巡る冒険 | トップページ | 単純な 「表現の自由」 より命の方が大事 »

2006/02/07

洒落で済まない、ムハンマド風刺画問題

いわゆる 「ムハンマド風刺画問題」 が、泥沼化しつつある。

初めは 「表現の自由」 に名を借りた 「侮辱行為」 だと、単純に捉えていて、件の新聞がきちんと謝れば済むと思っていたのだが、どうやら、そんな簡単な話ではないようだ。「洒落」 で済むかどうかという、文化的衝突らしい。

そもそもの発端は、デンマークの日刊紙 Jyllands-Posten (ユランズ・ポステン) が、最近イスラム系移民への配慮で、マスコミの表現の自主規制が行きすぎていないかと、問題提起しようとしたものであるらしい。

そこで、表現の自由を身をもって示すために、12人の漫画家に 「あなたにとってムハンマドとは」 というテーマで風刺画を描いてもらい、それを掲載した。

どんな風刺画なのか見たいと思えば、さすがにインターネット時代だから、あちこちのサイトで見ることができる。中でも "Face of Muhammed" なんかは、問題が超アンチ・イスラム的視点で整理されていて、西欧のネット右翼 (?) のこの問題への関わり方が窺われる。

このサイト、世界中で件の風刺画をそのまま紹介した国と、抗議して騒動を起こした国を地図上で色別にして紹介し、言外に衝突を煽っている。よしゃいいのに。

12枚の風刺画は、西欧的なセンスでざっと見れば、確かにそんなひどいものではない。思わずクスっと笑えるようなユーモアのあるものも、いくつかある。普通のヨーロッパ人は、これらの絵の何がそんなにいけないのか、理解できないのだと思う。

しかしそうした意識は、厳しく偶像崇拝を禁じ、預言者ムハンマドを絵に描くこと自体が大変な冒涜なのだという、ムスリムの 「文化」 と激しく衝突する。爆弾の形をしたターバンをかぶって恐ろしい形相をした絵に至っては、その衝撃度はかなり大きいはずだ。

片方は 「洒落」 のつもりでも、もう片方には 「洒落で済まされない」 ものになる。この場合、「洒落を解する」 ソフィスティケイティッドな方が、意識的にも無意識的にも、相手を見下してしまいがちなのが、ますます問題をこじれさす。

「洒落では済まんぞ」 と言って見下されてしまった方の対応で、古今東西を通じて最も有効なのは、すさまじく切れまくることだ。今回、多くのムスリムがその手に出たのは、当然と言えば当然である。

元々は、人口増加がストップしたヨーロッパ社会が、3K 的な仕事をさせるために、移民を積極的に受け入れてきた経緯がある。しかし、一度勢いのついたベクトルは拡大し続け、それによってもたらされた社会構造の急激な変化に、人間の心が追いつかなくなってしまった。

ただでさえ失業率の高い社会で職の奪い合いが生じるので、元々のヨーロッパ人には、とくに貧困層を中心に具体的な不満が蔓延する。こうした不満を煽ると、反動的な極右勢力に有利に働くのは、いつの時代も変わらない。

今回の一連の抗議行動で、シリアのデンマーク、ノルウェー両大使館が放火された。いくらなんでもこの暴力行為はやり過ぎだ。「そら見たことか。イスラムは、暴力的な宗教だ」 という論調が勢いを増し、ヨーロッパの極右勢力には 「おいしい」 話になってしまうのが残念だ。

昨年の中国での日本大使館襲撃は、ペンキを投げつける程度で済んだが、火を放つに至っては、まさに 「洒落では済まされない」 レベルになってしまっている。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 日本語と逆上がりの関係を巡る冒険 | トップページ | 単純な 「表現の自由」 より命の方が大事 »

ニュース」カテゴリの記事

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

>もう片方には 「洒落で済まされない」 ものになる。

同意。

http://images.google.co.jp/images?
検索では、「弾の形をしたターバンをかぶって恐ろしい形相をした絵」が最も沢山ありますね。

ところで、テレビで2回見かけたmuhamadの字だけで描いた肖像画はリンクサイトにはありませんでした。

この絵の出典はご存じですか?
テレビ局は温和な肖像画でイスラムをことさら過激に見せようとあおっているかも。

投稿: tatu | 2006/02/08 09:48

tatu さん:

>ところで、テレビで2回見かけたmuhamadの字だけで描いた肖像画はリンクサイトにはありませんでした。

>この絵の出典はご存じですか?

TBS (JNN系) のニュースですね。
私はあまりテレビを見ないので知りませんでしたが、改めて検索して見つけました。

下記のリンクですが、時間が経つと消えるかもしれません。

http://meta.cdn.yahoo-streaming.jp/cgi-bin/yahoo/news.asx?cid=20060207-00000063-jnn-int-movie-001&media=wm300k

どうやら、フランスの Le Mond (ル・モンド) が件の風刺画の転載した時か、その関連で、新たに描かれたもののようですね。

>テレビ局は温和な肖像画でイスラムをことさら過激に見せようとあおっているかも。

それはないと思いますが、一部のニュース・キャスターは、イスラムの態度を 「理解できない」 と言わんばかりの突き放した態度を見せています。

理解できなくてもいいから、尊重はすべきだと思うんですがね。

投稿: tak | 2006/02/08 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/8533919

この記事へのトラックバック一覧です: 洒落で済まない、ムハンマド風刺画問題:

« 日本語と逆上がりの関係を巡る冒険 | トップページ | 単純な 「表現の自由」 より命の方が大事 »