« 民主党の知らないリスクマネジメント | トップページ | 水に落ちた犬は、放っときゃいいじゃん »

2006/03/25

「名残り雪」 というには凄すぎて

昨日から酒田に来ている。車で来たのだが、途中、通称 「月山越え 六十里街道」 の 国道112号線を通った時には、驚いてしまった。

何度も通った道筋だが、3月下旬であんなにも雪が残っているのを初めて見た。さすがに道路はきれいに除雪してあるが、周りは雪の壁のようになっている。

それも、山越えの道だけではない。登り口に取り付く前の西川町の辺りで、すでに道路の両側が雪の壁だったりする。軒下は、屋根から落ちたらしい雪が積み重なって、山になっている。

月山の麓の集落ともなると、まだすっぽりと雪に覆われて、完全に冬景色だ。今年の豪雪の如何にすごかったかがうかがわれる。父に今年の雪かきの苦労を聞くと、大変なことだったろうと思う。

ありがたいことに、今日は快晴だ。朝から春らしい日が差し込んで、ほのぼのとした景色である。彼岸も過ぎて、これからは、少しは体の筋がのびのびとする季節である。

今日は、雪の写真のサービス。「名残り雪」 というには凄すぎるが。


毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 民主党の知らないリスクマネジメント | トップページ | 水に落ちた犬は、放っときゃいいじゃん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9246906

この記事へのトラックバック一覧です: 「名残り雪」 というには凄すぎて:

« 民主党の知らないリスクマネジメント | トップページ | 水に落ちた犬は、放っときゃいいじゃん »