« 試験監督官の 「いびき」 | トップページ | 春はとにかく眠い »

2006/03/15

米国の米国による米国のための・・・

日本中が、「アナハイムの悲劇」 に怒っているようだ。野球を知らない妻までが、「ちょっと、ひどすぎるわよね」 と憤慨している。

しかし、「そりゃ、米国の米国による米国のための大会だもの。そのくらい、十分 『あり』 だろうと、初めから思ってたよ」 と、私は、野球に関しては、かなり冷たく突き放す人である。

ぶちこわしのようなことを言ってしまって、恐縮だが、スポーツの世界の裏側なんて、結局はどろどろした世界である。あまり幻想を抱かない方がいい。

4年前の日韓ワールドカップ、韓国対イタリア戦でどんなことが起きたか、思い出してみるがいい。ましてや、WBC の 2次リーグから先は、すべて米国で行われるのだ。アウェイもホームも、「第三国の審判」 も、「何のこっちゃ?」 という世界なのだ。

元々、この ワールド・ベースボール・クラシックという大会、ずいぶん虫のいいお話なのである。初めから 「公正」 というものがあろうとは思っていなかった。というか、何しろ興味がない。WBC という名称自体、つい最近までボクシングのお話かと思っていた。

だから、サッカーでは少しばかり腹が立ったが、今回はしらけている。

要するに、米国がベビーフェイスで、メジャーリーグに多くの選手を輩出している中南米が準ベビーフェイス、そして、アジアの国 (つまり、日本と韓国) は、ヒール (悪役) という役回りなのだから、あまりきれい事を期待してはいけない。

しかし、見ようによっては、米国はあまりにも早く 「奥の手」 を使うという失策をしでかしてしまったことになるかもしれない。それに、日本は米国全体に 「貸し」 を作ったことになるから、第 2戦以後は、あまりひどい判定は受けずに済むだろう。

元々、米国戦は 「1敗」 と計算していたのだろうから、同じ負けるなら、貸しを作った形で負けた方がいい。あと 2戦を有利に戦えるとすれば、決勝トーナメントに進出する可能性は、逆に高まったといえる。

【同日 朝 追記】

上のテキストは、日付の変わるか変わらないかのうちに書いたものだが、朝起きてニュースをみたら、なんと、米国が韓国にボロ負けしていた。

野球に限らず、スポーツというのは微妙にメンタルな部分の影響力が大きいから、米国の選手、同じアジアの国相手とあって、ちょっと手足がしびれてしまっていたのかな?

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 試験監督官の 「いびき」 | トップページ | 春はとにかく眠い »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

大変ご無沙汰しております、K.Jです。

くだんの件についてラジオのコメンテイターが「今後の外交カードにすればよいでしょう」と言ってました。

米国メディアが批判的というのは、あっちの人も後味が悪いってことなのでしょうね。

投稿: K.J Tyler | 2006/03/15 21:37

K.J Tyler さん:

お久しぶりです。

>「今後の外交カードにすればよいでしょう」と言ってました。

毒蝮三太夫氏は、「また真珠湾攻撃しちゃうぞ」 と言ってました。(スゴイですね)

>米国メディアが批判的というのは、あっちの人も後味が悪いってことなのでしょうね。

まだ、頭の具合が健康な人が少なくないということで、そのあたりは救われる気がします。

投稿: tak | 2006/03/15 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9093708

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の米国による米国のための・・・:

« 試験監督官の 「いびき」 | トップページ | 春はとにかく眠い »