« 「さざれ石」 は 「巌」 どころか 「星」 にだってなれる | トップページ | K-1 の 「つかみ」 規制強化 »

2006/03/05

東京人は、のんびり屋さん

朝の通勤時間帯、都内のターミナル駅の乗り換えなどでプラットフォームの階段を上り、コンコースを移動するとき、私はしばしば、前がつっかえて動かないことにいらいらする。

「江戸っ子はせっかちだ」 なとどいうが、実際の東京人のほとんどは田舎から出てきた田舎者なので、案外のんびりしている。

私はそれほど急いで歩いているつもりではないのだが、それでも、周囲のスピードは 「穏やか」 過ぎる気がする。「この忙しい時間帯に、どんな気分になると、そんなにゆっくりと歩けるのだ?」 とさえ思うほどだ。

ところが、大阪に出張したときなどは、まったく違う。私に土地勘がないので、ややゆっくりになりがちということもあるのだろうが、周りにどんどん追い抜かれる。それはもう、見事なものである。

大阪にしたって、畿内を中心とした田舎から出てきた者がかなり多いはずなのに、誰もがあれだけスタスタ歩くところをみると、大阪人の 「いらち」 というのは、かなり伝染力が強いものと見受けられる。

その大阪人が舌を巻くのが、香港人のスタスタぶりである。歩く速さが速いだけではない、香港のエスカレーターのスピードたるや、恐ろしいものがある。ステップに足を乗せた途端に、有無を言わせずぐいっと引っ張られるので、慣れないものはむち打ちになりそうなほどだ。

総体的に見て、東京人の歩くスピードは、かなりのんびりしていると思う。どこでも田舎はのんびりしていると思うので、行ったことのある都市だけの印象になるが、人の流れのあまりののんびりさ加減にいらいらするというのは、東京以外では、あまり経験しない。

これも、何事も迅速に運ばない中央集権システムの弊害 (参照) によるものだとは言わないが、あるいは何か関係があるかもしれない。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「さざれ石」 は 「巌」 どころか 「星」 にだってなれる | トップページ | K-1 の 「つかみ」 規制強化 »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/8924967

この記事へのトラックバック一覧です: 東京人は、のんびり屋さん:

« 「さざれ石」 は 「巌」 どころか 「星」 にだってなれる | トップページ | K-1 の 「つかみ」 規制強化 »