« 水に落ちた犬は、放っときゃいいじゃん | トップページ | あの事故で死なずに済んだ妹 »

2006/03/27

尊厳死ということ

富山の病院の外科部長が 7人を 「安楽死」 させていたというニュースは、法律問題を少し離れてみても、かなり面倒な問題だ。

私は今月 9日のエントリーに 「百まで生きてどうする」 というタイトルで、この長寿社会においては、「いかにしてつつがなく死ぬか」 が問題になると書いている。

私は医療に関してはまったくの素人なので、完全な素人考えとして言わせてもらうのだが、「如何に手を尽くしても快方の望みがなく、延命的措置を施さなければ死ぬことが確実な病人」 というのは、どう扱うべきなのか、これからは大きな問題になると思う。

下手すると、「病院で呼吸だけはしている」 という人間が、この世にあふれかえらないとも限らない。

私個人について言えば、延命措置に頼って生き続けるのは、御免こうむりたいと思っている。そうなったら、さっさとあの世に行ってしまいたいものだ。

「お迎えが来たら、さっさとこの世にさよならしたい」 というのは、案外多くの人に共通した願いだと思う。だからこそ、かの外科部長は、一見 「オートマチックな措置」 に見えるほどに、当然のごとく人工呼吸器を取り外させてしまったのだろう。

もし、自分がそうしたケースの遺族だったと仮定したら、「親族を殺された」 として、その外科部長を強く恨むだろうかというのは、かなり疑問だ。そりゃあ、かなり複雑な思いが残るだろうが。(誤解のないように付け加えるが、これは自分に限ったケースとして想定している)

問題なのは、そうやって個人の権限で 「オートマチック」 に、延命措置を停止させることを認めてしまったら、大変なことになるということだ。その個人が、病人の生死を決める 「神のような存在」 になってしまうからだ。

いくら 「八百万の神」 の国とはいえ、あちこちの病院ごとにそれぞれに我の強い 「神」 がいたのでは、かなわない。

それだからこそ、日本尊厳死協会という会でも、"自分らしい 「死に方」" という問題について、かなり慎重な態度を示している。話は面倒になるが、いくら面倒になってもしかたのないことだ。

それに、死に行く当人が 「早くあの世に行きたい」 という意志をもっていたとしても、その家族や親類縁者が 「まだまだ息だけでもしていてくれ」 と熱望したら、なかなか死なせてもらえないだろう。家族のエゴとまでは言わないが、なかなか難しい問題だ。

延命措置というのは、考え方によっては 「余計なお世話」 である。しかし、医療行為のほとんどは 「必要な措置」 というのは当然のことで、どこから先が 「余計なお世話」 になるのかという線引きは、これまたとても難しい。個人の考え方や時代によっても違うだろうし。

ただ、私に限っては 「余計なお世話」 をされるのはとにかく嫌いなので、何十年先になるかわからないが、とにかくよろしく頼む。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 水に落ちた犬は、放っときゃいいじゃん | トップページ | あの事故で死なずに済んだ妹 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

"自分らしい 「死に方」" …難しいですね。わたしの知っている故人はみごとに"彼らしさ"全開でした。前の晩にエビ天と、デザートのラ・フランスのシロップ漬け一瓶(ひとくちじゃなく)食べて「おいしい」と言って逝っちゃいました。

末期がんだった彼の治療は、本人・ドクター・家族納得で延命措置はしませんでした。そういう「うらやましい」死に方ができたのは、彼が彼らしく精一杯生きたからだと思っています。

投稿: Sato-don | 2006/03/27 22:59

Sato-don さん:

うぅむ、見事な往生ですね。

>末期がんだった彼の治療は、本人・ドクター・家族納得で延命措置はしませんでした。

そういうことがきちんと可能だったという情報は、多くの人にとって支えになると思います。ありがとうございます。

ちなみに、私の母は、重度のリューマチの寝たきりで、寝返りも打てず、その上、認知症に失語症で、言葉も発することができません。

それでも、眠っているか機嫌がいいかのどちらかで、生きているうちから、常に極楽往生しているみたいです。

こういうのを、まさしく 「恍惚の人」 というんでしょうね。

周りはちょっと大変ですが、何かしてあげると喜んでくれるので、まあ、お世話のしがいがあるというかなんというか。(ある意味、得な人です)

こういう幸せってのも 「あり」 なんだろうと思います。

投稿: tak | 2006/03/27 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9280083

この記事へのトラックバック一覧です: 尊厳死ということ:

« 水に落ちた犬は、放っときゃいいじゃん | トップページ | あの事故で死なずに済んだ妹 »