« 捨てハンでのコメントへの対応 | トップページ | 試験監督官の 「いびき」 »

2006/03/13

怒ってみせるということ

私はどちらかというと、怒りに火の点くのが遅い方だと思う。何とかまともに対応しようとしているうちに、後で考えると、「あそこは、怒ってもいい場面だったかな」 と思ったりするが、その時には、もう手遅れだったりする。

だから、いいタイミングできちんと怒れるというのは、ちょっとした才能だと思う。

しかし私だって、子どもの頃は喧嘩っ早かったのだ。一番よく喧嘩をしたのは、小学校 4〜5年生の頃だったと思う。喧嘩の度に、職員室に呼び出されてねちねちと説教をくらうのに、ほとほとうんざりしたのが、小学校 6年生の時分で、それから意識して 「怒り」 を抑えるクセがついてしまった。

この 「思春期の頃」 というタイミングが、大げさに言えば 「人格形成」 に重要なターニングポイントとなったようで、以後、私はすっかり 「穏やかな人」 というイメージを与える人になってしまったようなのだ。

とはいいながら、根っこの部分には、喧嘩っ早さの火種がまだくすぶっているようで、時々はしっかりと怒りを露わにすることがある。ただ、大抵の場合は、世の中の 「体制」 とか 「役所」 とか 「お偉方」 とか 「馬鹿な上司」 とか、そんな対象に向かって怒るのが常で、怒っても感情的にはならないようにしている。

そして、大体は、怒ってもしょうがない相手には、あまり怒らない人である。怒ってもいいタイミングでも、何とか遠回しな皮肉を言うに留めたりすることが多いのだが、私にそんな対応を取らせてしまう相手というのは、そんな皮肉は全然通じないというケースの方が多い。まあ、早く言ってしまえば、「いい気なモン」 なのだね。

近頃学んだのは、そんな相手を必要以上に傷つけないためには、ちょうどいい頃合いを見て毅然と怒ってみせて、私の周囲からいなくなってもらうというのも 「手」 だなということである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 捨てハンでのコメントへの対応 | トップページ | 試験監督官の 「いびき」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自己レス

ああ、ちゃんと察して遠離ってくれれば、とことん追いつめなくても済むのに。

投稿: tak | 2006/03/13 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9062710

この記事へのトラックバック一覧です: 怒ってみせるということ:

« 捨てハンでのコメントへの対応 | トップページ | 試験監督官の 「いびき」 »