« 「平熱」 はクセ者 | トップページ | 失敗から学ばない人 »

2006/04/29

キリプレ和歌、発表

今日は 「昭和の日」 になったのかと思っていたが、それは来年からのお話で、今年はまだ 「みどりの日」 のままなのだそうだ。

ところで、23日に達成した本宅 「知のヴァーリトゥード」 の 15万ヒットのキリプレ和歌、ようやく二首詠んだ。今回のキリプレ・ゲットは、当日のエントリーのコメント欄に書いたように、2人いるのである。

どういうわけか、本宅サイトで使っている無料サービスのカウンターが、持ち前の気前の良さを発揮してしまったようで、豊田恵子 さんと nausicaa☆ミ さんの 2人に 「150000」 の数字を表示したみたいなのだ。

というわけで、2人にキリプレ和歌を捧げるということになったのだが、プレゼントが和歌という元手のかからないものでよかった。お金で仕入れるものだったりしたら、「もう一つ買わなきゃ!」 と、冷や汗かくところだった。

「めでたさも倍ぐらゐなりおらが春」 である。もっとも、一茶が 「中くらゐなり」 と言ったのは、お正月の 「新春」 のことで、今の 「春爛漫」 の頃のことではなかったのだが。

  • 豊田恵子 さん に捧ぐる歌
     
    耕せば芽は出づるなり童(わらはべ)の心の既に種を宿せば
     
  • nausicaa☆ミ さんに捧ぐる歌
     
    花筏流るる頃に訪ぬるは縄綯ふ如き結びなりしか

いずれも、本宅サイトのページに解説を添えて載せてあるが、当方は著作権の一部を放棄するので、お二方に限り、ほとんど自分の歌同然に、ご自由に使っていただきたいという趣旨なのである。

それだけに、私のもう一つのサイト 「和歌ログ」 には載せないのである。向こうのサイトは、 「クリエイティブ・コモンズ」 の趣旨で著作権の一部放棄を宣言しているからだ。

つまり、「和歌ログ」 に載せてしまうと、作者である私のクレジットを示しさえすれば、世界中の人が自由に使っていいということになってしまい、特定個人へのキリプレにならないのである。

元々、和歌なんていうのは、引用するにしても全文引用するしか手はないので、潔くクリエイティブ・コモンズ宣言をしているわけだ。ただ、今回のお二人は、引用以上の使い方を、ばんばんしてもらって結構、どう使おうと、勝手次第ということなのである。

それにしても、ウチの本宅サイトもアクセスが増えたものだ。23日に 15万ヒットを達成して 1週間足らずで、もう 15万 2000を越えようとしている。2000ヒットなんて、一晩で回してしまうサイトだっていくらでもあるが、当サイトは、地道にやっていこうと思うのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「平熱」 はクセ者 | トップページ | 失敗から学ばない人 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

庄内拓明さま
おはようございます。
キリブレのお歌をプレゼントしていただきありがとうございます。すてきな歌で身に余る光栄です。
ここ数日、短歌をいただいたら返歌をするのがエチケットではないかと、ココとお散歩中に考えておりましたが、すぐには浮かびません。残念です。
この歌は実家の母に短冊に書いてもらい、5月10日からのあとりえの展覧会で発表させていただきます。
とてもうれしいです!

投稿: 豊田恵子 | 2006/04/29 11:33

豊田恵子 さん:

>この歌は実家の母に短冊に書いてもらい、5月10日からのあとりえの展覧会で発表させていただきます。

うわっ!
そんなにまで大層なことをしていただくとは。
かえって恐縮でござります。

重ねて、ありがとうございます。

投稿: tak | 2006/04/30 09:29

拓明さん、こんばんわ
お返しの歌が何とかできました。
いろいろな不備はご容赦いただき、詠ませていただきます。
 
★庄内拓明さんへの返歌
  
 シジュウカラの羽音は春を招きくる 畑耕せる我が傍らで


明日は朝から畑の耕作、畝作りです。                    

投稿: 豊田恵子 | 2006/04/30 20:13

おぉ、返歌をいただくなんて、初めて。
ありがとうございます。

「鳴く声」 じゃなくて 「羽音」 というのが素敵ですね。

投稿: tak | 2006/05/01 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9803399

この記事へのトラックバック一覧です: キリプレ和歌、発表:

« 「平熱」 はクセ者 | トップページ | 失敗から学ばない人 »