« 早けりゃいいってもんじゃなかろう | トップページ | なぜ殺してはいけないか »

2006/04/11

トリックスターとしての 「イスカリオテのユダ」

『ユダの福音書』 の写本が発見されたというのは、キリスト教世界にとってはかなり大きなニュースだろう。何しろ、これまで 「裏切り者」 とされていたイスカリオテのユダが、実はイエスの 「一番弟子」 だったというのだから。

「パラダイム・シフト」 とは、まさにこうしたことを言うのだろう。

元々私は、イスカリオテのユダにそれほどの嫌悪感をもっていなかった。それは、ユダが 「裏切り」 (あるいは従順な行為 ?) をはたらかなかったら、キリストの 「救済」 は成就しなかったとみられるからである。

十字架にかかり、死した後に復活するというのは、イエスがこの世で行った 「人類救済」 のストーリーのクライマックスである。つまり、イエスは十字架にかかる必要があった。そして、その肉体は一度死ななければならなかった。

しかも、それは弟子の 「裏切り」 というとてもショッキングな行為による、むごたらしいものでなければならなかった。そのような 「死」 であったればこそ、その後の 「復活」 がまさに栄光につつまれた、全人類の救済を意味するカタルシスになったのである。

『ユダの福音書』 によると、イエスはユダに 「私の衣となっている男をお前は犠牲に捧げるだろう」 と告げたという。「私の衣となっている男」 とは、とりもなおさず肉体としてのイエスである。

肉体は霊の衣にすぎないというコンセプトで、このあたりが、霊と肉体の二元論を重視するグノーシス派の影響が強いとみられる所以だろう。

これを文字通り受け止めれば、イエスは自らの魂を肉体の呪縛から解放するために、進んで十字架にかかったのである。ユダには、その十字架にかかる契機を作るように命じたのだと解釈することができる。

つまり、ユダの 「裏切り」 なしには、肉体としての 「イエス」 から、全人類を救済する偉大なる 「魂」 としての 「キリスト」 に 「パラダイム・シフト」 することができなかったのだ。

イスカリオテのユダの行為が、通説通り 「裏切り」 だったにせよ、『ユダの福音書』 にあるように 「命令に忠実にしたがった結果」 だったにせよ、それによって、イエスの 「救済」 が成就したことに変わりはないのである。

必要なのは 「救済の成就」 であり、ユダはそのために 「必要な役割」 を果たしたのだ。そして、そのことによって、ユダ自身も重い 「十字架」 を背負うことになったのである。ここが大切なところである。

とても生臭く勘ぐると、今回の 『ユダの福音書』 の発見は、国際社会でのユダヤ人の役割を肯定的にみることにつながり、シオニズムに塩を送る効果を発揮するだろう。(うっ、オヤジギャグ!)

それだけでなく、太平洋戦争における日本が、自ら敗戦国となり、重い十字架を背負うことによって、アジア諸国の独立を促すことになったという視点にまで力を与えることに通じる。

十字架を背負った 「悪役」 は、あるいはとてつもないトリックスターだったかもしれないのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 早けりゃいいってもんじゃなかろう | トップページ | なぜ殺してはいけないか »

哲学・精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9529884

この記事へのトラックバック一覧です: トリックスターとしての 「イスカリオテのユダ」:

» Die Verherrlichung des Judas ~今そこにあるホルヘ・ルイス・ボルヘスの闇~ [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
おそらく日本国民大多数の生活にはたいしたインパクトを与えないけど、世界の宗教思想哲学マインドをかなり揺さぶる事件が発生しました。 「わたしを裏切りなさい」 キリストが弟子ユダに命令・古写本解読 【ワシントン6日】約1700年前に書かれた初期キリスト教の外典「..... [続きを読む]

受信: 2006/04/12 22:32

« 早けりゃいいってもんじゃなかろう | トップページ | なぜ殺してはいけないか »