« ユーザーにとっての 「便利」 とは? | トップページ | ブログ全盛とはいえ »

2006/04/22

ビニール傘は天下の廻りもの

Reiko Koto さんの 「晴れの日もある」 に、「傘はフリーウェア」 というエントリーがあった。なるほど、誰のものだかわからない忘れ物の傘は、社会の共有物とみなせるかもしれない。

500円以下のビニール傘は、大抵は 「間に合わせ」 で買われたもので、買った人も 「ずっと使い続けよう」 という気はあまりない。

傘が 「フリーウェア」 というのは、言い得て妙である。拍手ものだ。

私は一昨年夏に、「傘のジレンマ」 というエントリーを書いている。できれば、一つの傘を大切にして長く使い続けたいものと思うのだが、それはなかなか大変だというお話だ。

何しろ、傘は消耗品である。すぐに骨が折れたり柄が曲がったりして壊れてしまう。修理すればいいのだが、傘が壊れるのは、たいてい大雨の真っ最中である。となると、急遽新しいのを買って、壊れたのは捨ててしまいがちだ。

その上、傘はとにかく置き忘れやすい。以前、それなりの値段の高級な傘にすれば、愛着がわいて容易には忘れないものだという話を真に受けて、かなりの高級品を買ったが、愛着がわく前に、一週間も経たないうちに、どこかに置き忘れて来てしまったというのは、前述のエントリーに書いたとおりである。

「傘はいいものを持ちましょう」 というのは、傘業界の陰謀である。実用的には、ビニール傘で十分だ。

傘のマーケットにも、ヒエラルキーというものがある。何万円というブランド品から 500円以下のビニール傘まで、値段はいろいろだ。さらに、100円ショップに行けば、本当にビニール傘よりもまともな 100円傘がある。

これらの中では、2~3000円以上の、一応まともな傘は、持ち主も所有権を主張したくなるだろうが、500円以下のビニール傘は、「誰のものでもない、みんなのもの」 ということにしてしまってもいいじゃないかという気が、確かにする。どうせ、どれも同じようなものだし。

どこかを訪問する途中、急に雨が降ってきたので、コンビニや KIOSK で 500円 (最近は 400円というのが多いか?) のビニール傘を買ったとする。そして、帰りに晴れていたとしたら、その傘は気前よく置いてきてしまえばいい。というより、私なら自然に置き忘れてしまう。

こうして、何日か後に急な雨降りになった時、傘の持ち合わせのない人が遠慮なく使ってくれるように、暗黙のうちに所有権を放棄するわけだ。

そうこうしているうちに、自分もそのうちにどこかを訪問して、急に雨が降ってきた時など、「あぁ、どうぞ、そこにあるビニール傘を、どれでもお使いください」 と言ってもらえるだろう。そんな時は、遠慮なく使わせてもらおうではないか。

そして、またどこかに置いてくればいい。というか、忘れてきてしまえばいい。

「俺はよく行く得意先には、大抵置き傘がある。都心一円に、10万円分ぐらいの置き傘がしてある」 とうそぶく営業マンがいた。しかしそれは、「置き傘」 なんかではなく、単にそこに置き忘れてきたというだけの話なのだった。

ビニール傘の所有権放棄という暗黙の了解がきちんと認知されて、何の気兼ねもなく使い回しができるようになれば、なかなか便利なことになる。10万円も使わなくても、至る所に置き傘を用意してあるようなものだ。

というわけで、電車などで置き忘れられたビニール傘を拾ったら、遺失物係に届け出たりせずに、自分で使ってしまう方がいい。真正直に届けてしまったら、引き取り手もなく、遺失物保管所なんていうところで死蔵されてしまう。

「ビニール傘は天下の廻りもの」 である。時々、急な雨で自分でビニール傘を買うのは、公共財産の充実に貢献しているのだと考えれば、ちょっと気持ちがいい。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ユーザーにとっての 「便利」 とは? | トップページ | ブログ全盛とはいえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9698185

この記事へのトラックバック一覧です: ビニール傘は天下の廻りもの:

» 傘は天下の…… [[晴]晴れの日もある]
・a href=\http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2006/04/post_b45c.html\ target=\_blank\ビニール [続きを読む]

受信: 2006/05/19 21:38

« ユーザーにとっての 「便利」 とは? | トップページ | ブログ全盛とはいえ »