« 議事録というもの | トップページ | 今日から 6月 »

2006/05/31

「雨の中の私」 をめぐる冒険

「雨の中の私」 という心理テストがあると知った。非行少年の家庭環境や養育歴などを探る精神分析的手法として、各地の少年鑑別所で採用されているもののようだ。

最近、雨の中の自画像を描かせると、ずぶ濡れの絵を描く子どもが増えていて、親から庇護された体験の乏しさを表すという。

このことについては、5月13日付毎日新聞の社説で、論説委員の三木賢治氏が取り上げている。「雨の中ずぶ濡れの子は、無責任な親のせいだ」 という、比喩的ながらそのものズバリのタイトルだ。

このテストについて、三木氏は以下のように説明している。

とくに親子関係を通じた安全感覚があぶり出されるといわれ、一般には大切に育てられ、親に守られている子供は当たり前のように傘をさす姿を描く。一方、親から庇護(ひご)された体験に乏しい子供は、自分を防御する力が不十分なため、雨にもなすすべがなく、ずぶ濡れになる自分を描く。ストレスにさらされた痛々しい心の内の表れ、と考えられる。

また、「少子化で、補導・逮捕の人数には歯止めがかかったのに、依然として人口比が高いのも気がかりだ。非行に走る少年の割合が増えているからだ」 「養育上の格差というより、親の格差というべきかもしれない」 とも述べている。

この話題への反応の一つのパターンとして、「だから、愛国心だの教育基本法の改正だのという前に、人間性を重視する教育、政策が必要だ」 という主張がある。なるほど、とてももっともらしく聞こえる。

しかし、その主張に対して、「ちょっと待てよ」 と言うのは、より自然なことだ。だって、考えてみれば、現在増加中といわれる 「雨の中でずぶ濡れの私」 を描く子どもたちの、その親は、愛国心を教えない今の教育基本法で育てられた世代なのだから。

今現在の状況の方に問題があるのではないかと考える方が、より自然である。

団塊の世代、そしてその少し年下の私の世代あたりまでは、戦前派もしくは戦中派の親に育てられた。我々の世代の親の多くは、無条件で子どもを愛してくれた。体罰としてぶっ飛ばすことがあっても、それは強い愛情ゆえのことである場合が多かった。

もしかしたら、「愛国心」 と 「子どもを愛する心」 というのは、かなり同じ根っこのものなのかもしれない。

「子どもを愛する心」 と 「子どもに 『いい暮らし』 をさせるために教育ママになること」 との区別がつかない人と、「愛国心」 の対象となる 「国」 と 「国家の現政治体制」 の区別がつかない人との間にも、共通性があるような気がする。

「何がどうあっても、お父さんとお母さんは、お前の味方で、体を張ってでもお前を守るからね」 という気持ちをもっている親の子どもは、概ね幸せである。国の場合も同じである。

ただ、自分の子どもばかりを思うあまり、子どもの個性を無視した無茶な要求をしたり、他の子どもに邪険に当たり始めたら、子どももねじくれる。これもまた、国の場合と同じである。愛するにも、見識は必要なのだ。

改めていうまでもないほど、とても単純なお話なのだが、妙な理屈をこね出すと、この単純なお話が単純でなくなる。

ちなみに、私自身の場合は、親からちゃんと傘を買ってもらっても、必ずどこかに置き忘れて、ずぶ濡れになってしまう親不孝な子だった。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 議事録というもの | トップページ | 今日から 6月 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

子供の頃、雨降りの日ってけっこう好きでした。幼稚園のそばの垣根にカタツムリがたくさん出るので、眺めたりつかんだり。(ナメクジは苦手だったけど、カタツムリは平気でした。)

その記憶によると、ずぶぬれではなかったです。きっと親に買ってもらったちっちゃな傘をさして、カタツムリと遊んでいたんですね。

今、「雨の中の私」を描くとしても、やっぱり傘と長靴を描くと思います。両親とふるさと庄内が基盤にあるからでしょうね。

投稿: Sato-don | 2006/06/01 00:04

Sato-don さん:

>今、「雨の中の私」を描くとしても、やっぱり傘と長靴を描くと思います。両親とふるさと庄内が基盤にあるからでしょうね。

その感覚、よくわかります。

ただ、酒田は風が強いので、傘をさしていてもずぶ濡れになったりします。
そんなこんなで、酒田の人間は性格が大雑把になったりします。

投稿: tak | 2006/06/01 10:40

今朝、ドイツから戻ってこの記事を見たので、後日トラックバックしたいと思います。ドイツはサッカーではなく、撮影旅行です。雨どころか霰が降りました。

投稿: あとりえ・チビッコ | 2006/06/02 17:11

豊田@あとりえ・チビッコ さん:

ドイツは何年も行ってないんですが、好きな国です。
いいなあ。また行ってみたいです。

トラバ、楽しみにしてます。

投稿: tak | 2006/06/03 23:41

本日、サッカーで皆が浮き足立っている中、私はこの記事の「雨の中の私」への冒険についてのトラックバックをしました。本来トラックバックの意味が分かっていないのですが、この欄に載っていません。私のやり方が悪いのかもしれませんが、出来ましたら、私の《あとりえ・チビッコ》の6月8日をクリックしていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

投稿: 豊田恵子 | 2006/06/18 21:30

豊田恵子 さん:

さっそくおじゃましました。
子ども達の絵というのは、面白いですね。

「雨そのもの」 をすごく丁寧に描いている子が多いのが、
とても興味深いです。

投稿: tak | 2006/06/19 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10323682

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨の中の私」 をめぐる冒険:

» 子育てと社会の在り方 [幸せは目の前に]
先日、知人の女性が結婚した。 彼女は私より1つ下の、25歳。 私の年齢はすでに [続きを読む]

受信: 2006/05/31 13:12

» 「雨の中の私」を描く・Ⅰ [あとりえ・チビッコ]
                                          「庄内拓明の知のヴァーリトゥード」の5月1日の記事「雨の中の自分をめぐる冒険」にトラックバックします。 絵はケンタ... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 23:16

» 「雨の中の私」を描く・Ⅱ [あとりえ・チビッコ]
                                                           リョウ、アツシ、ナオフミの順。 リョウは大きなカエルと対決している。アツシは降っ... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 23:18

» 「雨の中の私」を描く・Ⅲ [あとりえ・チビッコ]
                                                                                      SHUとサヤカとモモコの順 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 23:19

» 「雨の中の私」を描く・Ⅲ [あとりえ・チビッコ]
                                                                                      SHUとサヤカとモモコの順 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/09 12:27

« 議事録というもの | トップページ | 今日から 6月 »