« アンチ収納論 | トップページ | 5月後半は、超ハードスケジュール »

2006/05/16

ビートルズ以前と以後

kumi, the Partygirl の 「映画で見るロックの歴史 part1」 に思わずコメントしてみて、ふと気付いたことがある。

私はビートルズを境にして、その前のロックンロールはカタカナで聞こえ、ビートルズ以後のロックは、英語で聞こえるのだ。これはもう、「使用前/使用後」 以上の大変な違いだ。

私はビートルズをリアルタイムで聞いた世代である。

アメリカのビルボード誌のチャートでトップ 5 を独占するという大変なブレイクを見せたのが、東京オリンピックの開かれた 1964年。私が小学校 6年生の年で、この頃は、まだ 「抱きしめたい」 がカタカナで聞こえていた。「アウォナホージョーヘン」 である。

しかし、翌年に中学生となり、英語を学ぶようになると、だんだん様相が違ってきた。「アウォナホージョーヘン」 が、徐々に "I wanna hold your hand" に聞こえてきたのである。これは、革命的なことだった。ビートルズの歌が、「意味のあるテキスト」 になったのだから。

それ以前のロックンロールも、自然に耳に入っていた。しかし、それらは小学生の私にとっては、すべてカタカナでしかなかった。単なる 「音」 であり、「テキスト」 ではなかったのだ。

エルビスは 「ユエンナツバラハウンドッ」 と歌っていたし、ニール・セダカは 「チューチューチュレーナ、シャッキンダナチュラ」 と歌っていた。そこに意味があるとも思わなかった。

しかし、ビートルズは違っていたのである。ロックのリズムに 「意味」 を載せて歌っていたのだった。「アウォナホージョーヘン」 ではなく、「お前の手を握りたい」 と歌っていたのだった。

もちろん、私の耳がすべての歌詞を聞き取っていたわけではない。そこには 「歌詞カード」 という重要なメディアがあった。レコードを買うと、歌詞カードが付いてきたのである。それに、音楽雑誌を買えば、歌詞と楽譜まで付いていた。さらに、「楽譜集」 というのまである。

この 「歌詞カード」 というのは、なかなかくせ者で、ビートルズの歌に限らず、レコードに付いてきた歌詞と、雑誌に載せられた歌詞と、楽譜集に載っている歌詞が、すべて微妙に違っていたりした。

そもそも、元々のレコード、「輸入盤」 には、歌詞カードなんてものは付いていなかった。歌詞カードというのは、日本のレコード会社が、その辺の外国人にバイト代を出して聞き取らせていたものらしい。

南部訛りやリヴァプール訛りの機関銃のように繰り出される歌詞が、全てまともに聞き取られていたわけではない。だから、今から思えば 「???」 と思うような歌詞カードだって少なくなかった。

それでも、ビートルズが 「言葉としてのメッセージ」 を発しているということを発見したのは、私にとっては大きな事件だった。私が英語に対して特別なコンプレックスもなく、自然に勉強して身に付けることができたのは、このビートルズ体験のおかげといっていいと思うのだ。

近頃では、J-Pop というものが盛んで、わざわざ英語の歌なんて聞かなくても、十分に 「ロックしてる」 感覚を味わえる。しかしその分、今の若い人は気の毒である。J-Pop にポコポコ挟み込まれる 「英語」 は、「意味」 というより 「音」 でしかなかったりするから。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« アンチ収納論 | トップページ | 5月後半は、超ハードスケジュール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10090100

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ以前と以後:

« アンチ収納論 | トップページ | 5月後半は、超ハードスケジュール »