« ぐうたらの先走り | トップページ | メタファーとロジック »

2006/05/02

巨人戦の視聴率

今シーズン開幕後の 4月の巨人戦視聴率が、過去最低の 12.6% (関東地区) にしかならないらしい。(参照

そりゃそうだ。野球中継なんて、今や世の中の 4分の 1しかいない 「オジさんのコンテンツ」 で、さらに、巨人ファンはそのまた半分程度しかいないのだ。妥当な数字じゃないか。

「巨人、大鵬、玉子焼き」 といわれた時代じゃあるまいし、野球以外にもいくらでも見るべきものがある。

ウチには妻が 1人と、娘が 3人いる。この女 4人は、野球なんて全然興味がない。ルールすら知らない。彼女らは、野球シーズンが始まると、見たいテレビ番組が減るので、不満たらたらなのである。

あまりテレビを見ないラジオ派の私も、野球シーズンは、シーズン・オフにやっていた面白い番組が軒並み終わってしまい、どこにダイヤルを回しても同じ巨人の試合をやっているので、つまらないことこの上ない。

つまり、我が家は、100% 「野球なんて見たくない、聞きたくない」 派なのである。

我が家が極端な例だとしても、「野球を見たい、聞きたい」 派が家族の半数以上という家庭は、そんなにないだろう。大抵は、オヤジ一人がナイター中継のテレビの前で、だらだらとビールなんぞ飲んでいるだけである。

オヤジが残業で遅くなれば、家族はせいせいして、野球以外の番組を見る。ナイター中継は、多くの家庭では 「邪魔者扱い」 なのである。野球関係者はその現実に気付かず、まだ 「国民的スポーツ」 だなんて思っている。

とくに今年は、春先の WBC で、野球ファンまでお腹一杯になってしまった。さらに、巨人が強すぎるものだから、もう秋の結果が見えてしまって、しらけている。

強すぎる巨人を作ってしまった関係者は、マーケティング感覚が決定的に欠如していると思う。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ぐうたらの先走り | トップページ | メタファーとロジック »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

時期を逸したコメントでごめんなさい。 「プロ野球」を「巨人」と読み変えれば、納得です。 が、たとえば私の会社(大阪)の職場では女性もよく甲子園球場に連れだって行きますし、球場には若者や子供も多いように感じます。 ここ数年、観客動員数も絶好調とか。 つまりプロ野球=巨人ではないということだけ、申し上げたくコメントさせていただきました。

投稿: 仲尾 | 2006/05/25 08:54

>つまりプロ野球=巨人ではないということだけ、申し上げたくコメントさせていただきました。

はい、大阪では、「プロ野球=巨人ではない」ということは、重々承知しております。
タイガースが逆転して、シリーズを面白くしてくれるといいですね。

投稿: tak | 2006/05/25 10:47

>大阪では
うーん、全国各地に様々なチームのファンが居て、それぞれ盛り上がっているということを申し上げたかったのですが、いずれにせよゴールデンタイムに地上波全国ネットで巨人戦を中継するというのが時代遅れなのは確かだと思います。

投稿: 仲尾 | 2006/05/27 21:53

>うーん、全国各地に様々なチームのファンが居て、それぞれ盛り上がっているということを申し上げたかったのですが、

なるほど、了解です。
「オジサンのコンテンツ」というのは、少々言い過ぎだったかもしれません。

ただ、野球中継ってつまらんという感覚は、私には捨てがたいものがあります。

投稿: tak | 2006/05/28 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9851473

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人戦の視聴率:

« ぐうたらの先走り | トップページ | メタファーとロジック »