« 失敗から学ばない人 | トップページ | 巨人戦の視聴率 »

2006/05/01

ぐうたらの先走り

ウチのサイトは、土日、祝日には、ガクンとアクセスが減る。会社の PC でアクセスしてくれる人が、とても多いみたいなのだ。

普通の休日でも減るのだから、年末年始や GW は、帰省や旅行でパソコンに触れられない人が多くなるので、さらに減る。で、こちらとしても、「力まない更新」 をしようと思う。

これまで、「力の入ったエントリー」 を書き上げて、夜中の日付の変わる頃にアップロードし、「ありゃ、そういえば、今日は土曜日だった」 なんて気付くことが、かなりあった。土曜日というのは、なぜか、平均すると当サイトで一番アクセスの少ない曜日なのだ。

私はこれで、妙にウケを狙いたがるところがあって、客足の少ない土曜日に 「ここ一番」 みたいなエントリーをアップしてしまうと、なんだか損したような気になってしまうのである。「月曜日までとっとけばよかった」 なんてケチな考えを起こすのだ。修行の足りないことである。

で、アクセスの少ない GW なので、いっそ、その修行の足りなさを遺憾なく発揮して、ぐうたらな更新をしてしまおうと思っているわけである。なにしろ、こうして書き始めているくせに、ネタのことまでは、まだ考えが及んでいない。

せっかくアクセスしてくれた貴重な読者には、はなはだ恐縮なのだが、たまには、こんなぐうたら更新があってもいいだろうぐらいに、寛大に思って頂ければ幸いである。なにせ、ゴールデンウィークだし。予報によれば、天気もいいようだし。

で、仕方ないから、ちょっと得意の旧暦ネタにふろうと思う。新暦では今日から 5月だが、旧暦では、まだ卯月 (4月) の 4日である。旧暦が皐月 (5月) になるのは、今月の 27日だ (と、当たり前のことで苦しい前フリにする)。

てことは、このところ、旧暦と新暦の差が、1か月ないのである。1か月半ぐらいの差があることも普通なのに、今年の 5月は、たった 27日遅れで旧暦が新暦を追いかけている。

実は、これでは差が詰まり過ぎなのだ。それで、今年の旧暦は、文月 (7月) を 2度繰り返すことになっている。いわゆる、閏 (うるう) 7月だ。その間に、新暦をどんどん先に行かせてしまうのである。

それで、2度の 7月でもたついた旧暦が ようやく葉月 (8月) に入る頃には、新暦はもう 9月 22日まで進んでいて、ちょうど頃合いの間隔になる。

こうでもしないと、来年の旧正月が早くなりすぎて、寒の真っ直中になり、「新春」 の名に値しないことになってしまう。閏月のおかげで、来年の旧正月の元旦は、新暦でいえば、立春もとっくに過ぎた 2月 18日になり、まさに 「新春」 と呼ぶにふさわしい頃合いとなる。

こんなこともあって、私は新暦の元旦に届く年賀状に、「賀春」 とか 「迎春」 とか 「新春のお慶びを申し上げます」 とかとは、絶対に書きたくないのだよね。だってそれは、旧正月の台詞であって、寒の入りを前にして言うことじゃないだろう。

しまった、今気付いたが、このネタは、今年の 12月頃の 「旬」 の時期まで取っておけばよかった。ぐうたら更新をするはずだったのに、土曜日に力んだ更新をする以上の先走りを演じてしまった。

でも、ちょうどいい落ちになったし、それに、今日は一応月曜日だし、まあ、いいか。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 失敗から学ばない人 | トップページ | 巨人戦の視聴率 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/9830415

この記事へのトラックバック一覧です: ぐうたらの先走り:

« 失敗から学ばない人 | トップページ | 巨人戦の視聴率 »