« 「金持ち吸い」 とは、ちゃんちゃらおかしい | トップページ | ビートルズ以前と以後 »

2006/05/15

アンチ収納論

片付け・不用品・部屋片付けの心得とポイント」 というサイトが見つかった。このサイトによると、部屋片づけの際に最も多く出るのは、「本・雑誌」 「ビデオテープ」 「衣類・布団」 「手紙・請求書・明細書」 「趣味の収集品」 で、このベスト 5 で 80%になるという。

なるほど、さもありなんである。

「片づけ」 というと、「収納」 とほぼイコールで語られることが多いが、それに関しては、私はかなり疑問に思っている。

収納スペースにきれいに整理されてしまい込まれたものというのは、要するに、「普段は使わないもの」 というのが多い。「普段は使わない」 というのは 「滅多に使わない」 とほぼイコールで、さらに、「10年に 1度も使わない」 とも、かなり近かったりする。

このような、要するに 「ほとんど使わないもの」 が、貴重な収納スペースにきっちりと整理されてしまいこまわれていると、人はその部屋の住人を 「収納上手」 と誤解しがちである。

しかし、よく見渡してみると、「ほとんど使わないもの」 が、「開ければすぐに取り出せる」 という一等地的なスペースにきちんと整理されているおかげで、「普段よく使うもの」 にしわ寄せがいってしまい、その辺に適当に放り出されていたりすることもある。

さらに、しょっちゅう使う物が、机の上にゴチャゴチャに積み重ねられたりしていると、探し出すのに結構手間取ったりする。

だから、私はいつの頃からか、「きっちりと整理して収納する」 という作業を、いっそきれいさっぱりと諦めたのである。

なまじ 「きちんと整理して収納」 なんてことをしてしまったら、捨てるに捨てられないのである。とっくに捨ててしかるべきものが、後生大事にきれいに整理されて収納されていると、今もっとも現役で活躍しているものの居場所がないのである。

それでなくとも、モノなんてのは、うかうかすると溜まりに溜まって収拾がつかなくなるのだから、溜まらないように、片隅にごちゃごちゃに置いとけばいい。

ただし、横に積み重ねてはダメだ。いったん横にされたモノは、金輪際立ってはくれない。いつまでも寝転がって居座るだけとなる。だから、縦にして並べておくのだ。そうすれば、端から徐々に邪魔になって、適当な頃合いにごっそりと捨てることになる。

このサイクルを円滑にするために、決して 「収納」 なんてことをしてはならない。とにかく、モノはいつでも捨てられる状態にしておかなければならない。いかにも 「邪魔くさい」 場所に、目に付くようにしておいて、いかにも捨てたくなるような雰囲気を漂わせるのだ。

てなことを言いながら、納戸や引き出しの奥に、捨て損なったガラクタが一杯溜まっているのが、痛恨なのだが。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「金持ち吸い」 とは、ちゃんちゃらおかしい | トップページ | ビートルズ以前と以後 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10073339

この記事へのトラックバック一覧です: アンチ収納論:

» 「収納」百人百様 [家づくり、行ったり来たり]
tak shonai’s “Today’s Crack”(今日の一撃)では「アンチ収納論」という面白いテーマで、takさんが語っている。捨てるに捨てられない状況を作り出さないために「きっちりと整理して収納する」ことをあきらめたという話である。 いかにも捨てたくなるような雰囲気を漂わせるというtak式「非収納」術は、目からウロコであった。 しかし、しばらくして「ちょっと待てよ」と思った。 「収納」という行為には、大きく2つの�... [続きを読む]

受信: 2006/05/16 23:15

« 「金持ち吸い」 とは、ちゃんちゃらおかしい | トップページ | ビートルズ以前と以後 »