« カエルの鳴き声で眠れないって? | トップページ | キュートネス・シンボル »

2006/06/18

蘇生譚をめぐる冒険

「死亡したと診断された94歳の老婆が突然むっくり起きあがり、ワールドカップの次のドイツの試合はいつか尋ねた」 というニュースで、いろんなことを考えた。(参照1参照2

この話の受け取り方に 2通りある。「死んだ老婆が生き返った」 と取るか、「死んでもいないのに、死んだと宣告された」 と取るかだ。

「死んだ老婆が生き返った」 という解釈には、かなりファンタスティックな印象がある。普通は、「死んでもいないのに、死んだと宣告された」 と受け取りたいところだろう。

しかし、その 「普通の解釈」 は、自家撞着に陥りかねない。なぜなら、一般には 「死」 は医者による 「死」 の宣告で周囲に納得されるからだ。

こうした場合、「死」 とはとりもなおさず 「死亡宣告」 である。実際に死んでいようがいまいが、「死んだ」 と宣告されたら、死んだのだ。だから、「死んだ老婆が生き返った」 と言っても、全然不思議ではない。

厳密に言ったら、「死亡宣告」 にも 「誤診」 はあり得るだろうが、普通は、たとえ 「誤診」 によって 「死んだ」 とされたのだとしても、放っておけば、ほどなく 「本当に死ぬ」 ので、その 「誤診」 はバレたりはしないのだろう。バレない誤診は、「誤診」 ではない。

そして、そうした 「バレない誤診」 の場合でも、「暫定的な死」 と 「本当の死」 との境目というのは、誰にもわからない。わからないからこそ、医者の宣告をもって 「死」 と取り扱うという社会的合意が形成されている。もっとも、医学の世界でも論争はあるようだが。

昔ならば、今回のニュースのようなケースは、単純に 「死人が生き返った」 という奇蹟譚になった。そして、この発想を厳密に否定することは、現代に生きる我々にもできない。

私は昨年初め、「人は死んでも生き返るか?」 というエントリーを書いた。これは、長崎県の調査で、15%の子供が 「人が死んでも生き返る」 と考えているという結果が出たことについて、「ゲームの悪影響」 などと単純に嘆く報道がなされたのを批判したものである。

テレビゲームのない昔から、民間伝承のなかに 「蘇生譚」 の類はいくらでもあったのである。聖書の中にだって、いくらでもある。

「死んだ人が生き返る」 と信じる子供がいても、別にいいではないか。

最後に、件のエントリーに、同年 9月になってから追記したことを、もう一度コピペしておく。

たまたま、上記の 「長崎県のホームページにある調査報告書」 にもう一度行ってみたら、設問の文章が 「死んだ人が生き返ると思いますか」 になっていた。1月の時点では、確かに  「人が死んだら生き返ると思いますか」 というものだったのだが。

調査結果を発表し、その後に設問の文章を書き換えるなんてことをしたら、まともな調査報告にならないではないか。困ったものである。

回答は、設問の文言によってかなり違ってくるということを指摘しておく。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« カエルの鳴き声で眠れないって? | トップページ | キュートネス・シンボル »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10572763

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇生譚をめぐる冒険:

« カエルの鳴き声で眠れないって? | トップページ | キュートネス・シンボル »