« 「スパンコール」 は日本語 | トップページ | カエルの鳴き声で眠れないって? »

2006/06/16

「名前を知る」 ということは

モーツァルトの名曲、「♪ パーンカ パーンカ パカパカパーン ♪」 のタイトルを知ってるかと問われて 「アンネ・フランク・ナホトカ甚句」 と答え、思いっきり蔑まれたことがある。

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 と知っていればこそ、ボケかませたのにね。それとも、ボケ方がまずかったのかなあ。

誰でも口ずさめるほど有名な曲なのに、そのタイトルは知られていないというのが、いくらでもある。「曲とタイトルが一致しない」 というやつだ。クラシックやイージー・リスニングの定番に多い。

それと同様に、よくみかける花なのに、名前がわからないというのも、私の場合、かなり多くある。花自体は、あちこちで見かける。花の名前も、歌や詩、小説などに出てきてお馴染みだ。しかし、その花の姿と名前が、まるで一致しないのである。

子どもと一緒に道を歩いていて、「お父さん、あそこにきれいな花があるね。何ていう花なの?」 と聞かれ、「うーむ、花だね」 としか答えられないというのは、なかなか哀しいものである。

私は 「今日の一撃 - Today's Crack」 のほかに、「和歌ログ」 というサイトをもっていて、毎日和歌を一首詠んで、もう 2年半になる。我ながら道楽なことである。

和歌なんか詠んでも、一文の得にもならないが、近頃、「花の名前を覚える」 という副次的効果があることに気付いた。和歌を詠むのに、何でもかんでも 「花」 で済ますわけにもいかないので、いちいち図鑑で調べるようになったためである。

おかげで、誰でも知っている梅とか桜とか、薔薇とか紫陽花とかチューリップとかの他に、木槿 (むくげ) とか薄紅葵とか、ロケットとかローズマリーとか、車輪梅とかいったものまでわかるようになってきた。

おもしろいもので、花の名前を知ると、こちらの名も、花に届いたような気がする。その花と、存在としての命がつながったような実感が湧く。

それで、6月 13日には、駅に向かう道端に生えている小さな白い花を見て、こんなような歌を詠んだ。

名も知らぬ道端の花その名前知れば我が名も花に届くか

出先で、モバイル PC を使ってその歌をアップロードし、家に帰ってから図鑑で調べたのである。その可憐な白い花に、我が名を届かせようと、健気な歌心を起こして。

その花の名は、あっけなく知れた。十薬 (ジュウヤク) というのだそうだ。そして、またの名を 「ドクダミ」 というとわかった。なんだ、あれって、「ドクダミ」 だったのか。

この瞬間、私の名はドクダミに届き、私の存在としての命は、ドクダミとつながった。複雑な気分がした。

とまあ、50歳を過ぎても、ドクダミの花を知らなかったほどだから、和歌はなんとか詠めても、俳句はどうにも苦手である。俳句は 「季語」 が必要で、その中で、季節の花の名前というのは、とても重要な役割を果たしているのだ。

思うに、ほんのちょっと文学的素養があって、その上で花の名前に詳しければ、誰でも立派な俳人になれる。私の知人はよく新聞に俳句を投稿して入選や佳作をとっているが、彼は生物の教師である。知らない花がないくらいのものだから、俳句は朝飯前である。

音楽のタイトルにしても、花の名前にしても、とにかく 「名前を知る」 というのは、とても重要なことだ。たとえば、何度会っても名前を覚えてくれない人がいたら、自分の存在が軽んじられているという気がするだろう。

「名前を知る」 というのは、対象をリスペクトする第一歩なのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「スパンコール」 は日本語 | トップページ | カエルの鳴き声で眠れないって? »

ちょっといい話」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10541960

この記事へのトラックバック一覧です: 「名前を知る」 ということは:

« 「スパンコール」 は日本語 | トップページ | カエルの鳴き声で眠れないって? »