« "「・・・。」" を巡る冒険 | トップページ | OLPC プロジェクトの副次的効果 »

2006/06/11

バイリンガル脳というもの

「バイリンガル脳」 というのがあるらしい。ものごとを英語で考えられるほど上達した人は、脳の特定部位が活発に働いていることが、日英の共同研究で確認された。

その部位が損傷すると、語学が得意な人でも、外国語でものを考えられず、翻訳して考えるようになるという (参照)。

問題の脳内の部位というのは、大脳奥にある尾状核 (びじょうかく) というところだそうだ。日本人とドイツ人の、英語を話せるバイリンガル 35名の参加で実験したところによると、母国語に翻訳せず英語でものを考えるときは、この部分の左側が非常に活性化していた。

実験を行った京大の福山秀直教授は、「尾状核は 『英語脳』 『日本語脳』 を切り替えるスイッチ役ではないか。ここが十分に成熟してから語学を学べば、使い分けがうまくできるようになるかも知れない」 と語っているという。

尾状核がいつごろからうまく機能するかは、まだよく分かっておらず、今後の研究課題になっている。ということは、小学校のうちから英語を学ぶということの是非の判断は、この結論が出るまで、お預けか。

以前、大学の研究室に通っていた頃、ドイツからの留学生でトーマスという男がいた。彼は天才的な語学力の持ち主で、母国語のドイツ語のほかに、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語をほとんど不自由なく使いこなすことができた。

さらに、日本に来て 1年もしないうちに、日本語までペラペラになり、中国語もある程度理解できるようになっていた。中国語は勘定に入れないとしても、バイリンガルどころか、ヘキサリンガルである。

何しろ、私が書けない漢字を、トーマスに教えてもらったぐらいのものだから、大したものである。その代わり、彼の英語のスペルの誤りを訂正してやったことはあったが。

そのトーマスの言うには、英語では哲学は考えられないというのである。哲学はドイツ語かフランス語でなければならないらしい。うぅむ、何となくわからないでもない。

私の英語は、バイリンガルには遠く及ばないが、以前、外資系団体に勤務していた頃は、英語の文書を書くときには、一応頭の中も英語で考えていた。そして、日本語で考えるよりも曖昧さを避けたストレートな表現が自然にできて、とても重宝していた。

さらに、共通語と庄内弁の使い分けに関しては、私は完全なバイリンガルである。庄内弁というのは、共通語とは単語自体が違っていたりするので、ネイティブ庄内弁スピーカーの話す言葉は、余所の者にはほとんど通じない。

ほとんど外国語のようなもので、共通語と庄内弁の違いは、多分、フランス語とイタリア語の差に匹敵するぐらいだと思う。

その庄内弁を共通語に同時通訳するのは、私にとってはお茶の子さいさいである。しかし、逆に共通語をピュアな庄内弁に同時通訳するのは、ちょっと難しい。それは、現代の共通語に含まれるロジカルな構造を、正統的庄内弁は持ち合わせないからだ。

非常に論理的なことを考えるときは、ピュアな庄内弁は役に立たないということを、私はしみじみ感じる。その代わり、庄内弁でものを考えると、「俺って、なんていいヤツなんだ!」 と思うほど、人情豊かな人間になったりする。

言語には、構造的な 「向き・不向き」 というものが確実にあって、思考に用いる言語は、パーソナリティにも影響を与えてしまうほどのようなのだ。

そういえば、香港で広東語の通訳をしてくれた女性は、ボーイフレンドとデートをするとき、途中でいい雰囲気になると、自然に広東語から英語に切り替わると言っていたことは、以前に書いた (参照)。広東語では、愛は語れないらしい。

そんなこんなで、自国語に翻訳することでしかものを考えられないというのは、かなりのハンディキャップを背負っていることになる。例えば、いくら日本文化に造詣の深い外国人でも、芭蕉の俳句を翻訳でしか理解できないとしたら、その日本理解は真髄に達したとはいえない。

その意味で、国際的なセンスを持とうと思ったら、どうやら、大脳の奥の尾状核というやつを鍛えなければならないようなのだ。しかし、この部位が 「スイッチ」 の役割を果たすのだとしたら、スイッチばかりが優秀でも仕方がないということも、きちんと押さえておく必要がある。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« "「・・・。」" を巡る冒険 | トップページ | OLPC プロジェクトの副次的効果 »

心と体」カテゴリの記事

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10465529

この記事へのトラックバック一覧です: バイリンガル脳というもの:

» 『読み書き障害(ディスレクシア)のすべて』英語教育について。 [ようちゃん2号の大部屋暮らし]
書き始めたときに書きたかったことと、書いてみたらずいぶん違っちゃったんだけれど、まあ、別の部分で気になっていることが書けたのでアップするのね。この本で説明するディスレクシアは、言語系統の異常で音素をはっきりと理解することができない結果、読むための記号を...... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 23:30

» バイリンガルの脳に切り替えスイッチ! [英語教材選ぶ前に]
... [続きを読む]

受信: 2006/06/15 07:16

« "「・・・。」" を巡る冒険 | トップページ | OLPC プロジェクトの副次的効果 »