« 圧倒的暴君としての父親 | トップページ | 音節を無視した歌? »

2006/06/27

仏心とは四無量心是なり

昨日のエントリーで、奈良の高校生の放火殺人事件について触れ、その父親を 「圧倒的暴君」 と称してしまったが、これにはやや誤解が生じるかもしれないと、少し反省した。

多分、父親が 「圧倒的暴君」 だったのは、息子に対してだけで、他に対しては、とても円満な人格者だったのだろうと思う。

しかも、他から見たら、父親は息子に対しても 「教育熱心な、いい父親」 ぐらいにしか見えなかっただろうし、息子のみが勝手に父を 「圧倒的暴君」 とみていただけなのだろう。しかし、それこそが大問題だったのだ。

父は医者として世に貢献し、それなりの高い地位につき、他からも尊敬される存在である自分に、かなりの満足感を得ていたに違いない。それだけに、そうした満足を得られるだけの境遇を、息子にも与えてやりたいと念願したのだろう。

それが、親としての愛であり、務めであると考えたのだろう。その 「愛」 と 「務め」 による行動が、息子の人生を、ひいては家族の人生まで破壊してしまおうなどとは、思っていなかったはずなのだ。

このあたりが、本当に難しいことなのである。「愛」 というのは、その対象が身近であればあるほど、「我欲」 の投影にしかならないことがある。離れた存在であれば軽い気持ちで許せることが、身近な者になると許せなくなったりする。

だから、自分の子どもに勉強を教えるのはとても難しい。客観的に見ることができなくなるからだ。「こんなことが、なぜわからないんだ」 と、イライラしてしまう。他人の子ならそうならなくても、自分の子だとそうなりがちなのだ。

これが、「愛すればこそ」 であるというのが、どうにも面倒なところなのである。

だから、仏教ではあまり 「愛」 ということを説かず、「仏心とは四無量心是なり」 と説く。「四無量心」 とは、直訳すれば 「四つのとてつもなく大きな心」 ということで、具体的には 「慈・悲・喜・捨」 である。二つに分けて、「慈悲」 「喜捨」 と言ったりもする。

公式的には、四無量心は、次のように解説される。

慈 : 人に幸福を与えようとする慈しみの心。
悲 : 人の悲しみを共に悲しみ、それを取り除いてやろうとする心。
喜 : 人の幸せを我が幸せとして、共に喜ぶ心
捨 : 人々を平等に分け隔てなくみる心

こうしてみると、それほど難しいことではなさそうな気がする。とくに、前の三つは、仏ならずとも、案外日常生活でも発揮していたりするものだ。もっとも、三つ目は前の二つよりは相対的に難しいかもしれないが。

しかし、本当に難しいのは最後の 「捨」 である。「自分は 『人々を平等に分け隔てなく』 みているよ」 なんてことを言う人格者がいるかもしれないが、自分の身近な者に対してまでそうであるかというのは、かなり疑問だ。

「身近な者を愛するのは人情として当然ではないか」 ということにもなるが、前述の通り、身近な者への愛は、「我欲」 の投影になってしまいがちというのも、「ありがちな人情」 なのだ。

だから、「捨」 とは、文字通り 「捨て去ること」 と思えばいいような気がする。「慈・悲・喜」 の三段階を経た上での 「捨」 は、「とらわれを捨てること」、つまり 「縛らない」 ということだ。

愛の最終段階は 「解放する」 ということなのだね。仏道修行をしたら、「人情」 を捨てなければならないというのが辛いところだが、本当のところは、「人情」 を止揚したところに 「仏心」 があるのだろう。とてつもなく難しいけど。

ちなみに、ジーコ・ジャパンは、「慈・悲・喜」 の段階を経ないで 「捨」 に行こうとしてしまったのが、間違いの元だったんじゃないかなあ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 圧倒的暴君としての父親 | トップページ | 音節を無視した歌? »

哲学・精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10696870

この記事へのトラックバック一覧です: 仏心とは四無量心是なり:

« 圧倒的暴君としての父親 | トップページ | 音節を無視した歌? »