« キュートネス・シンボル | トップページ | 盗作の方が見栄えがいい? »

2006/06/20

博多、よかとこ

これまでにも、博多には何度も行ったが、いずれも仕事上のことで、博多の街をゆっくりと見る機会は、ほとんどなかった。

しかし、今回は 17日の土曜日に久留米に出張して、その夜は博多で一泊。翌日の日曜日は仕事から解放され、朝からほぼ半日、博多の街をそぞろ歩く幸運に恵まれた。

まあ、晴れ男の私であるからして、前日も降るには降ったが、傘をさすほどではなく、本降りの間は車での移動か、屋内での打ち合わせで、まったく影響なし。翌日の博多そぞろ歩きは、「暑か!」 と、にわか博多弁が飛び出すほどに晴れてしまった。

初日は、同行のカメラマンと中州の居酒屋で飲み食い。いつも思うが、博多の食い物は、平均点が高い。やはり、玄界灘に面しているだけあって、とくに奮発しなくても、魚がそこそこ美味いのである。

宣伝してしまうけど、博多駅に近い 「西鉄イン博多」 は、一泊 6900円のビジネスホテルとしては、星を 4つぐらい付けたくなるほど文句なしだった。博多に出張するのなら、オススメと言っておこう。

二日目は、朝の 9時にホテルをチェックアウト。まず向かったのが、櫛田神社である。いわずとしれた 「祇園山笠」 の総元締め。とても雰囲気の明るい神社で、敷地内に 「博多歴史館」 がある。その近くには、「博多町家 ふるさと館」 というのもあり、みっちり博多の町人文化のお勉強をしてしまった。

日本海に面した町人文化の街、酒田で生まれ育った私は、やはり町人文化の花開いた街というのは、肌が合う感じがする。もしかしたら、博多と酒田は、似たような語源から生まれた地名かもしれないし。

上川端商店街では、そこここで山笠作りが始まっていて、なかなか風情があった。

お昼には、かの有名な 「かろのうろん」 で 「大盛りざるうどん」 を食した。東京で食べる 「博多うどん」 は、全然大したことないが、本物の博多うどんは、さすがにちゃんとうまかった。これを機に、偏見はきっぱりと捨てた。

その後は、キャナルシティ博多を見て、住吉神社を参拝、午後 3時過ぎの飛行機で帰ってきたのだが、結論、「博多はよかとこ」 である。また行くことがあったら、さらにいろいろ見て回ろう。

今日は、サービス画像付き。


  行きの飛行機から見下ろした富士山


  櫛田神社の破風


  櫛田神社
  左は山笠の見物席になるらしい


  博多町家 ふるさと館


  ふるさと館にある博多織の織機


  山笠を作っているらしい


  巨大な飾り山笠


  その一部

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« キュートネス・シンボル | トップページ | 盗作の方が見栄えがいい? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10595233

この記事へのトラックバック一覧です: 博多、よかとこ:

« キュートネス・シンボル | トップページ | 盗作の方が見栄えがいい? »