« 「ブロゴスフィア」 における振る舞い | トップページ | 今年の梅雨は、いつ明ける? »

2006/07/22

ムクドリの逆襲

今年も常磐線取手駅西口周辺は、ムクドリの大群に脅かされている。何万羽というムクドリが、西口ロータリーの植え込みと並木をねぐらとしていて、夕方を過ぎると、キュルキュルという騒々しい鳴き声があたりに響き渡る。

鳴き声だけならまだいいのだが、ボタボタ落ちてくる糞害は、かなり深刻だ。

夕方、取手駅からロータリーの上のデッキに出ると、まず聞こえてくるのが、キュルキュルとけたたましいムクドリの鳴き声。そして、空を舞う大群のシルエットが目に入る。

まるで、ヒッチコックの映画を見ているようだ。

そして、駅から車を停めてある駐車場への道の途中、電線でムクドリが羽を休めるポイントが 3か所ある。電線にびっしりと並んでいるのが不気味だ。

そのポイントに近づくと、キュルキュルという鳴き声の通低音のように、ポタリポタリと何かが落下している音が聞こえる。もちろん、ムクドリの糞である。雨が降らない日が続くと、道路は白い糞の跡で一杯になっている。

その下を通るのだからたまらない。糞を落とされないように、ムクドリを脅かして、一時的に飛び去ってもらわなければならない。

初めのうちは、両手を思い切りパチンと打ち鳴らして脅かすと、ムクドリは一斉に飛び去ってくれた。しかし、あまり強く手を打ち鳴らすので、そのうちに、手のひらが充血して痛くなってしまった。

そこで、最近は空のペットボトルを持ち歩いている。これを歩道のガードレールなどの固いものに打ちつけると、カンッとするどい音がして、ムクドリが驚いて逃げてくれる。

彼らは逃げ去ったとしてもすぐに戻ってくるので、飛び立ったばかりのわずかなすきに、そそくさと電線の下を潜り抜けるのである。なかなか大変なことである。

心配なのは、ムクドリがこの音に慣れてしまって、飛び立ってくれなくなることだ。現に、最近では 8割ぐらいしか飛び立たず、残り 2割は悠然と電線に止まったままでいる。

ムクドリの逆襲は、秋が深まるまで続く。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「ブロゴスフィア」 における振る舞い | トップページ | 今年の梅雨は、いつ明ける? »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/11049131

この記事へのトラックバック一覧です: ムクドリの逆襲 :

« 「ブロゴスフィア」 における振る舞い | トップページ | 今年の梅雨は、いつ明ける? »