« 落雷でパソコンが死んだ | トップページ | 迷惑メールとウィルスメール »

2006/07/16

東我孫子と天王台

私は都内から帰宅する時には、常磐線快速電車で終点の取手まで行くのだが、これにはちょっとだけ注意が必要だ。

1時間に 1本ぐらい、途中の我孫子から成田線に入り、成田まで行ってしまう電車がある。それに乗ったまま居眠りなんかしたら、とんでもないところまで連れて行かれてしまう。

常磐快速の始発、上野駅から、終点の取手駅までは、約 40分かかるので、途中で大抵眠くなってしまう。眠くなっても、「取手行き」 に乗っていさえすれば、大抵は終点で眼が覚めるのだが、「成田行き」 というのに乗ってしまうと、大変なことになる。

取手の 2つ手前の我孫子駅の分岐で、成田線に入り、成田方面に延々と向かってしまうのだ。

問題は、この成田行きに乗ってしまって、我孫子駅を出てしまったら、どこで下車するかである。一度だけ、終点の成田まで眠りこけたことがあるが、その場合は、終電車でもない限り、大抵はそのまま乗っていればまた戻ってくるので問題ない。時間はかかるけれど。

しかし、途中で気付いてしまったら、それはそれで問題なのである。たまたま我孫子から出て 1つ目の、東我孫子という駅で気付いて、脊髄反射的に飛び降りたことが何度かあるのだが、実は、それは悲劇の幕開けとなる。

この東我孫子という駅は無人駅で、まともな駅舎もない。冬は木枯らし吹きすさび、夏は蚊の大群に襲われる。反対方向の電車が来るまで、30分以上をそんな中でひたすら待たなければならないのだ。

この失敗で学んだ私は、以後、東我孫子で気付いても、ぐっと堪えてそこで飛び降りるような愚を犯さず、まともな駅舎のある木下 (きおろし) あたりまで乗って行くことにした。どうせ早めに降りても、反対方向の電車がそんなに早く来るわけじゃないし。

ところが、私は最近衝撃の事実を知ってしまったのである。東我孫子駅から、常磐線の我孫子と取手の間にある天王台駅までは、10分もかからず歩いていけるのだ。

それまで、蚊の大群や木枯らしを耐えながら待った 30分以上の苦行は何だったのだ。また、わざわざ遠くの駅まで乗っていった辛抱は、何だったのだ。

素直に東我孫子で降りて、天王台まで歩けば、そこからたった 1駅で取手まで帰れたのである。知らないということは、げに恐いものである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 落雷でパソコンが死んだ | トップページ | 迷惑メールとウィルスメール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10810626

この記事へのトラックバック一覧です: 東我孫子と天王台 :

« 落雷でパソコンが死んだ | トップページ | 迷惑メールとウィルスメール »