« 「沈み行く家」 なんて、よくぞ言ったもの | トップページ | 誕生日より遅い梅雨明け »

2006/07/25

役者が不足してた? 本荘高校

アマチュア・スポーツ関係のお偉方たちは、大概びっくりするほどエラソーなのだけれど、個人的な印象からすると、野球の人たちの 「エラソーさ」 はひときわ群を抜いている。

権威ばかり振りかざし、空虚な精神論に終始する。今回の高校野球秋田大会の 「故意の三振問題」 も、そんなようなもんだろう。

既にあちこちで取りざたされているから、改めて触れるまでもないが、22日の全国高校野球選手権秋田大会準決勝の、本荘 ― 秋田戦で、12対 1でリードした本荘高校の監督が、雨天ノーゲームを避けるために、わざと三振をするように選手に指示したという問題だ。

この件で、高野連は、「雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為」 「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」 「相手チームに失礼」 などと判断し、校長、部長、監督の連名による始末書の提出を求めたという。

断言してもいいけど、この大会の運営現場は、雨天ノーゲームにもならず、試合予定がサクサク運んだことを喜んでいたはずだ。接戦ならまだしも、12対 1である。再試合なんてことになったら、馬鹿馬鹿しい。連投につぐ連投の、ピッチャーの身にもなってみろ。

そして、報道にも問題があると思うのだが、結果は、「雨天コールド」 では断じてない。あくまでも、7回までに 7点差以上開いたことによる 「得点差コールドゲーム」 である (根拠は こちら)。この点はしっかりと認識しておかなければならない。

雨天というファクターは、雨天によるノーゲームが避けられたという事項のみに関連する。そして、雨天に乗じてノーゲーム狙いの遅延行為をしようとしたのは、相手の秋田高校の方のようなのだ。本当に 「相手チームに失礼」 なのは、どっちなのか。

ほとんど結果の見えた試合を、サクサクと運ばせてきちんと成立させるために、ちょっと手を抜いたぐらいのことで、「校長、部長、監督の連名による始末書」 の提出を求めるなんて、エラソーにもほどがあると思うのである。

「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」 と言っても、試合そのものが無効になったら、泣くに泣けないだろう。その結果、ピッチャーが肩でも壊したら、誰が責任を取るというのか。

相手の秋田高校の監督のコメント、「最後まで一生懸命やろうとしていたのに、負けた以上の屈辱だ。悔しい」 というのも、なんだかなあと思ってしまう。

だって、その後にちゃんと 7回裏があったじゃないか。その 7回裏で食い下がって試合を引き伸ばすことができず (つまり、ノーゲームにもちこめず)、7回コールドで負けた時点で、それは、きちんとルールに則った 「最後」 に他ならないのである。

あるいは、7回表の攻撃を延々と続けてもらい、20対 1ぐらいの点差がついた時点で、雨天ノーゲームになれば、「屈辱」 ではなかったのか。よくわからん。

だが、まあ、こうした理屈の通用しないところが、高校野球の高校野球らしいところと、言えば言えなくもなかろう。そのあたりが好きな人は好きなんだろうな。私はうんざりするけど。

私が本荘の監督なら、「故意とはバレないように、必死こいたスイングで空振り三振して来い」 「本盗の途中で、足をもつれさせて転んで来い」 と、そっと耳打ちしただろうと思う。本荘高校、ちょっと役者が不足していたかも。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「沈み行く家」 なんて、よくぞ言ったもの | トップページ | 誕生日より遅い梅雨明け »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/11086102

この記事へのトラックバック一覧です: 役者が不足してた? 本荘高校:

» 故意の三振? 秋田大会 [王様の耳はロバの耳]
試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会 (朝日新聞) - goo ニュース 報道が事実だとすれば何ともセコイしいやな感じが残る話だ 高校野球のあり方が全て「純真でひたむきで」とは思はないがこの秋田大会の試合には今の日本人の欠点が全て出ていないであろうか {/hiyoko_thunder/} 以下は朝日新聞の抜粋: 秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘... [続きを読む]

受信: 2006/07/25 11:44

« 「沈み行く家」 なんて、よくぞ言ったもの | トップページ | 誕生日より遅い梅雨明け »