« 表現するという 「最良の業」 | トップページ | 根元的存在のビヘイビアとしての複数 »

2006/07/30

ようやくパソコンが届いた

金曜の午後 3時過ぎに、デルの PC が届いた。先週の水曜夜、出張先のホテルの LAN サービスを利用して、モバイル・ノートで注文しておいたものだ。

今月 12日の帰郷以来、落雷で絶命したデスクトップが使えない状態で半月以上耐えていたのだが、ようやくストレスがなくなる。

デスクトップが使えない間も、セカンドマシンのモバイル・ノートが使えたのだが、CPU が 1GHz、RAM が 256MB というスペックでは、数年前からみたら十分に贅沢でも、Windows XP 上でごちゃごちゃするには非力すぎる。

ちょっと複雑なことをすると、ハードディスクにアクセスするカリカリという音ばかり延々と続き、それだけなら我慢できるが、下手するとフリーズしてしまう。届いたデスクトップは、CPU が 3GHz、RAM が 1GB というスペックなので、これなら、かなりサクサク動く。

しかし、新しい PC を使い始めるというのは、どえらい疲れるものである。なにしろ、オフィスを引っ越すようなものだからだ。

まず、インターネット接続を設定し、普段使うソフトを順繰りにインストールしていき、それらの設定を行う。一連の接続のパスワード、メール関連のアドレス、ウェブサイトの FTP 関連を覚えさせ、業務で使うソフトのカスタマイズを行う。そしてようやく、バックアップしておいたデータを HD に移す。

一昨日の午後 3時過ぎに梱包を開いて、一応日常業務で使える状態になったのが、昨日の午後 3時である。ほぼ 1日がかりだ。その間、予定していた仕事は先延ばしになる。

新しい PC を買うたびに思うのだが、自分の環境設定を CD-ROM か何かに保存しておいて、まっさらの PC に一発で読み込ませるなんてことができないものだろうか。

単純な設定ならできないこともないのだろうが、いかんせん、Windows というのは、しょっちゅう細部が変化している。重要な部分まで読み込ませすぎたら、動かなくなってしまう懼れの方が大きいのだろう。

同じ WindowsXP ですらそうしたことがあるのに、そのうち Windows Vista なんてものが出るらしい。そんなもの要らないのに。いりもしないものを無理矢理に押しつけられて、使いこなしに往生するなんていうのは、パソコンという市場ぐらいのものである。

なるべく早いうちに、Linux ベースの OS で、MS-Office と互換性のある軽いアプリケーションをちょっとだけカスタマイズして使うという世の中になってもらいたいものである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 表現するという 「最良の業」 | トップページ | 根元的存在のビヘイビアとしての複数 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまですー!

「新しいマシンよかったですね」よりも、先ずは「おおごくろですたのぉ」ですね。

わたしの場合、マシン買い替えやOSの入れ直しでけっこう困るのが、使いやすいように並べておいたデスクトップのアイコンが全滅することです。

アイコンの絵や文字よりも、どうもスクリーンの縁からどのくらいの位置にあるかで馴染みのツールを起動しているみたいで、環境がデフォルトに戻った日にはショートカットの作りなおし並べなおしの作業が必ず必要になります。使う人に苦労・作業を強要する道具、ほんとにまぁ Windows PC って…。(ため息)

あ、でもデルの3GHz、1GB うらやましいです~^^

投稿: Sato-don | 2006/07/30 01:21

>新しい PC を買うたびに思うのだが、自分の環境設定を CD-ROM か何かに保存しておいて、まっさらの PC に一発で読み込ませるなんてことができないものだろうか。

至極同感!!

最近セーフなことがありました。ディスプレー一体型のパソコン使ってますが、その画面のインバーターだけがいかれてたので、初期化せずに退院してきてくれて・・・。うれしくて涙が出ました。

投稿: ねこ | 2006/07/30 16:50

Sato-don さん:

ねぎらいのお言葉、泣けるほど嬉しいなあ。

>アイコンの絵や文字よりも、どうもスクリーンの縁からどのくらいの位置にあるかで馴染みのツールを起動しているみたいで、

ほほぅ、そうですか。PC がかなり身体化されてますね。

私の場合は、よく使うソフトはタスクバーの「クイック起動」に入れてあって、左から何番目かで見当つけてます。
似てるようで、似てないようで、でも、なんとなくわかってもらえそう。

>あ、でもデルの3GHz、1GB うらやましいです~^^

確かに、速いですね。
デュアルコアだったりしたら、どんなに速いんでしょう。

投稿: tak | 2006/07/30 21:28

ねこさん:

>その画面のインバーターだけがいかれてたので、初期化せずに退院してきてくれて・・・。

それは不幸中の幸いというか、本当によかった部類のお話ですね。

以前、誰だったかのブログで、ノートパソコンの画面がいかれたのに、HD を初期化するか聞かれたとかいう話を読んだような覚えがあります。

そんなことを聞かれたら、私だったらキレます。

投稿: tak | 2006/07/30 21:33

奇遇です・・とも言うべきでしょうか、私のPCもぶっ壊れまして、本日新PCが到着しました。
デルの3GHz、1GB・・うっ・・私の倍です・・うらやましい・・でもそれが一般的なんですか・・?うぁぁ・・
慌てて明日メモリを買いに走る予定です。^^;
やはり大変だったみたいですね。
私はさらに機械オンチなので、イライラしないようにモーツァルトの曲を流しながら、四苦八苦しております。
なにはともあれお疲れ様です~

投稿: コロスケ | 2006/07/31 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/11146405

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくパソコンが届いた:

« 表現するという 「最良の業」 | トップページ | 根元的存在のビヘイビアとしての複数 »