« Google は了見が狭い? | トップページ | 景気が回復すると、人は我慢強くなる? »

2006/08/21

ニュースバリューの個人性

先週末から、当本宅サイトの 「森と林の違い」 というページが、急に 1日あたり 1200とか 1500のアクセスを稼ぎ始めた。

リンク元をみると、いわゆる 「個人ニュースサイト」 である。複雑な気持ちである。こんなの、「ニュース」 でもなんでもないのに。昨年秋の騒ぎは、一体何だったのだ?

昨年秋の騒ぎとは、TBS の番組で 「森と林の違い」 がテーマになったとたんに、件の 「森と林の違い」 という私のページが、4.5秒に 1ヒットという猛烈なアクセスを集め始めたという 「事件」 である。今回の 1日に千数百件などというのとは、レベルが違う。

森と林と TBS」 というエントリーでも書いたのだが、TBS の企画スタッフは、どうやらウチのページを参考にしたらしいというのが見て取れ、そして、視聴者の中の 1万人ぐらいは、24時間以内に、そのネタ元にアクセスしてしまったというわけだ。

TBS だけではない。今、ウェブの世界にあふれている 「森と林の違い」 を論じたページの多くは、私のページのパクリのようだというのは、"「林」 が 「生やし」 ということは" というエントリーで指摘した通りである。

私は、今さらパクリに腹を立てているわけではない。むしろ、いくら TBS という一大テレビ局が 「森と林の違い」 をゴールデンタイムに放送しても、そして、ウチのページが何千、何万というアクセスを集めても、そして、ウチの受け売りページが何十ページあっても、「へぇ、知らんかった!」 という人の方がずっと多いのだということに、私は改めて驚いているというわけだ。

要するに、あらゆる情報の伝わり方というのは、避けがたく偏っているのである。世の中とはそうしたものである。ニュースバリューというのは、人によって全然違うものなのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« Google は了見が狭い? | トップページ | 景気が回復すると、人は我慢強くなる? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/11538815

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースバリューの個人性:

« Google は了見が狭い? | トップページ | 景気が回復すると、人は我慢強くなる? »