« 「個人ニュースサイト」 をどう捉えるか? | トップページ | レクサスは失敗したわけじゃない »

2006/09/11

車の運転と PC 操作は、どっちが難しい?

まこりんさんの奮闘を読んで、「はげしくだるい」 身体感覚を共有したような気がした。還暦を過ぎたご母堂に、エクセルで見積書 (請求書?) 作成の仕方を教えるという、あっけらかんと絶望的なエピソードである。

とくに 「デフォルトで、教えた矢先に忘れる」 という下りは、のけぞりたいほどのだるさだ。

私も、「団塊」 と言われるより上の世代にパソコン操作を教えなければならない羽目に陥ることがある。それも、案外頻繁にある。そして、こういっては何だけれど、その作業は本当に 「だるい」 のである。

最初は、彼らのパソコンに対するかたくなな印象 (?) を解きほぐすために、「大丈夫ですよ。パソコン操作は、車の運転よりずっと簡単ですから」 などと、歯の浮くようなことを言ったりする。

「本当?」
「本当ですって。パソコンは、失敗しても死なないし、酒飲んでいじっても、法に触れないし」

精一杯のジョークでリラックスさせようとしても、相手はこちらの気持ちを少しも理解してくれない。

「でも……、たまに、火ぃ吹いたりするんでしょ」
「いや、車ほど大きな火は吹かないから……、多分……」

この辺りから、少しずつ 「だるだる感覚」 は、私の身体に忍び入ってくる。

「いいですか。まず覚えてください。ウィンドウズ操作の基本は、キーボードで文字を入力する以外は、余計なことは考えずに、マウスを使って、『やりたいことを、メニューから選んで、実行する』 - これだけです」
「ふぅん、……でも、やりたいことがメニューにない場合は、どうするの?」

おのれ、「余計なことは考えずに」 と言ったのを、全然聞いとらんな。探せばあるんじゃ! お前が一生かかっても使い切れないほどのメニューが、ちゃんとあるんじゃ! ヘビーユーザーの私でも、手に余るぐらいの機能が、てんこ盛りなんじゃ!

もし見つからないというなら、お前の 「やりたいこと」 がよっぽど漠然としてまとまりが付いてないか、あるいは、お前自身が並はずれたファンタジストかのどちらかだ。

そう言いたいのをぐっと堪える、年寄りに優しい私。

しかし、もしかしたら 「パソコン操作は、車の運転より簡単」 というテーゼ自体が間違っていたのかもしれないと、近頃私は思っている。

車の運転は、確かに間違ったら死ぬこともあるけれど、理屈としては、簡単と言えば簡単だ。アクセル、ハンドル、ブレーキで、動いて、曲がって、止まるだけのことである。要するに、「専用機」 であって、その操作はとても単純で直感的だ。

翻って、パソコン操作は、GUI でかなり直感的なものに近づいてはいるものの、やはりしち面倒くさい。そのしち面倒くささはどこから来ているかというと、「結果を想定して、それを得るための手順を、順を追って踏まなければならない」 ところからだ。

つまり、結果が予め想定されていなければならないのだが、そもそも、パソコン初心者はパソコンで何ができるのかということすら、漠然としかわかっていないのだから、ウィンドウズのメニューは、「ゴチャゴチャしていて、わけわからん」 ということになるのも当然である。

パソコン入門書の前書きかなんかに 「まず、あなた自身がパソコンを使って何をやりたいのか、明確な目的をもってください」 なんて書いてあるのは、そんなこともあるからだろう。確かに言えてることだ。

しかし、そんなことを言いながら、入門書の本文に入ってしまうと、言い出した本人がすっかりそれを忘れたかのように、「お約束」 のばくっとした説明しかなくて、どれを見てもほとんど同じなんだもの。

ウィンドウズの 「アクセサリ」 の 「ペイント」 でビットマップお絵かきをするやり方を延々と説明している入門書と首っ引きで、必死になって、マウスで金魚の絵なんか描いているじいさんが、私は不憫である。

パソコンというのは、「一通りやってみて、(つまり、何度も何度もエラーして、つまずいて) 初めてわかる」 - つまり 「やってみて、実際に成功するまでは、さっぱりわからん」 という世界なのだ。しかも、その世界が、ほとんど無駄に広すぎる。

ここまでパソコンが一般化してしまうと、あるいは、ライト・ユーザー向けの 「専用機」 があってもいいのかも知れない。ハードは一緒でも、OS レベルで 「めちゃくちゃ簡単・簡易版」 があってもいい。

インターネットと、お手紙や年賀状を作れる程度の簡易ワープロ機能と、住所録、お小遣い帳程度のスプレッドシート。あとは、せいぜい簡単なオーディオ・ビジュアル機能。OS レベルでこれさえ付属すれば、家庭用には、この程度で十分だと思う。

しかし、現在のレベルのパソコンと、家庭用の 「簡易パソコン」 のダブルスタンダードにしたら、パソコンの値段は、確実に上がってしまうだろうなあ。そこがまた 「だるい」 ところだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「個人ニュースサイト」 をどう捉えるか? | トップページ | レクサスは失敗したわけじゃない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この「だるだる感覚」は、自分も何度も経験しました^^;
学校内で「だるだる感覚」について、盛り上がったことがあるのですが、皆必ずといってもいいほど通る道みたいです。
「だるだる感覚」が旬な時期はやっぱり年賀状作成シーズンで、世の高校生/大学生はこのシーズンになると親/親戚相手に「だるだる感覚」一色になるみたいです。

投稿: mak_in | 2006/09/12 10:15

mak_in さん:

>「だるだる感覚」が旬な時期はやっぱり年賀状作成シーズンで、世の高校生/大学生はこのシーズンになると親/親戚相手に「だるだる感覚」一色になるみたいです。

なるほど、12月は冬休みに入っちゃうし、時間をたっぷりかけて、だるだるになれますね。

むふふ、あと 3ヶ月後だな ^^;)

投稿: tak | 2006/09/12 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/11851301

この記事へのトラックバック一覧です: 車の運転と PC 操作は、どっちが難しい?:

« 「個人ニュースサイト」 をどう捉えるか? | トップページ | レクサスは失敗したわけじゃない »