« なんでまた、そんな馬鹿教師に | トップページ | 「まず美しい日本語を」 なんて言っても »

2006/10/18

「上質ペン」 は、全然必要なしなのだ

読売新聞日曜版の 「MY スタイル」 欄に、伊藤忠ファッションシステムマーケティングマネジメントの川島蓉子さんが 「上質ペンでゆっくり手紙」 というコラムを書かれている。

米国 「アクメ」 ブランドのローラーボールペン (7980円) を紹介している。重厚感があり、手にぴったりはまって握りやすいそうだ。

ああ、こういう文章を読むと、いいなあとは思っても、自分でそうしたものを持とうという気には全然なれないのである。私が使っているのは、コンビニで 105円で売られている、透明なプラスチックのボールペンだ。

完全な貧乏性というわけでもない。あの、いかにも安っぽい細いボールペンは使う気になれない。だって、書きにくくてしょうがないのだもの。私のごひいきなのは、ゼブラのジムノックというやつだ。安物好きでも、一応のこだわりはある。

「適度の重みのある上質ペン」 が書きやすいと、世間では言われるが、それは文具メーカーのプロパガンダによる思い込みだと思う。「適度の重み」 なんてなくても、この重量 9.9g のジムノックは、グリップ部分が適度の弾力があるゴム製で、とても書きやすい。

私のように、取材先で素早くメモ書きをするような仕事のものには、妙な上質ペンなんかよりずっと使いやすいのだ。ちょっと近所のスーパーに買い物に行くのに、ベンツで乗り付けて、狭い駐車場で難儀するより、軽自動車で行く方がずっと便利というようなものである。

考えてみれば、私が文字を手書きするのは、メモ書き以外にはほとんどない。紙媒体を使う正式な文書の 90%以上はワープロで書いてしまうし、原稿は 100%テキスト・ファイルをメールに添付して送付するので、紙に印刷されることすらない。

もちろん葉書や手紙を手書きすることはあるが、私の場合、それらはほとんど縦書きなので、筆ペンを使う方が趣がある。何もアルファベットを書く横文字種族の発明した筆記具で、日本の風雅な文字を書く必要もあるまい。

というわけで、私には 「上質ペン」 というものは全く必要ないのである。これまでにも、記念品やプレゼントとしていただいたものが何本かあるが、せっかくだからと短期間使うことはあっても、結局は引き出しの奥にしまい込まれて、日の目を見なくなっている。

同じようなことがカメラにも言えそうだ。私はもう一つのサイト 「和歌ログ」 で、毎日詠む和歌に写真を添えているのだが、この写真はすべて安物のコンパクト・デジカメで撮っている。

もう少し高級な機種とか、あるいは一眼レフを買おうかと思ったこともあるのだが、それだと、いつでもどこでもパシャッと撮るという、「メモ書き感覚」 の写真が撮れなくなるので、思いとどまっている。

私の 「和歌ログ」 が 「一日一首」 をキープできているのがカシオのコンパクト・デジカメのおかげなら、仕事が成り立っているのも、105円のゼブラ・ジムノックのおかげである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« なんでまた、そんな馬鹿教師に | トップページ | 「まず美しい日本語を」 なんて言っても »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は PILOT G-SHOCK を愛用しています。
私はスノッブなところがあって、高価な万年筆やボールペンをいくつか買いました。
ひとつも手元に残っていませんが。(笑)

投稿: alex99 | 2006/10/19 01:16

alex さん:

ググったら、G-knock が見つかりました。

http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/gknock/index.html

やっぱり 105円ですね (^o^)

>私はスノッブなところがあって、高価な万年筆やボールペンをいくつか買いました。
>ひとつも手元に残っていませんが。(笑)

紛失か、贈呈 (セクシーな女性に?)か、ちょっと気にかかるところです。

投稿: tak | 2006/10/19 06:53

PILOT G-SHOCKでは無くて、G-knockでしたね。
ショックです。(笑)

一本、試してみてください。
1.0mm 0.7mm 0.5mm 口径(太さ)があります。
口径によって驚くほど下記心地がことなります。

セクシーでも、文房具にこだわりのある女性には、いまだに出会っておりません。(泣)

そう言えば、ライターも、昔は高価なものを買ったのですが、一個ものこっていません。
なにしろ、暗いところで使用するもので、そのまま・・・。
(注: 後ろ暗いところはありません)


投稿: alex99 | 2006/10/19 10:42

alex さん:

G ノック、なんだかよさそうに見えますね。
字の太さが選べるというのはいいですね。
試してみることにします。

>セクシーでも、文房具にこだわりのある女性には、いまだに出会っておりません。(泣)

なるほど。ネックレスとかスカーフとかバッグとかでないと、だめかもしれませんね。

投稿: tak | 2006/10/19 13:44

alex さん:

Gショックじゃなかった、Gノック、つくば周辺では、文具屋を探しても見あたりませんでした。
その代わり、G-2 というのを見つけて買いました。
芯は Gノックと同じのようです。

http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/g2/index.html

値段は 2倍の 210円ですが、ホームセンターでは 147円で買えました。
ゲルインクというのは、かなり書きやすいですね。
高級ボールペンなんか、目じゃありません。

高い分、使い捨てにしないように替え芯も買いましたので、ちょっとエコな気にもなっています。

投稿: tak | 2006/10/21 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/12325315

この記事へのトラックバック一覧です: 「上質ペン」 は、全然必要なしなのだ:

« なんでまた、そんな馬鹿教師に | トップページ | 「まず美しい日本語を」 なんて言っても »