« ブログをいつ更新するか | トップページ | 「言挙げ」 せぬ蕎麦の花 »

2006/10/01

受信料不払い法的措置の、実際の効果

NHK が、受信料不払いの個人、法人に、支払い督促の法的手続きを 11月にも開始する方針を固めたと報道された。(参照

第 1弾の対象者は、数十件程度になる見通しということなのだが、不払いは全体で 115万 2000件にも登るという。宝くじの一等賞に当たる確率と、どっちが高いだろう?

「数十件」 というのを、仮に 50件としよう。これも仮に、1件あたり平均で 20万円の取り立てに成功したとする。増収 1,000万円。法的手続きにどれだけのコストがかかるのか知らないが、仮に 1件当たりばっくりと 1万円として、合計 50万円。差し引き、950万円のプラス。

職員 1人分の人件費が浮くかも知れない。なんだ、そんなもんか。

いや、実はそれだけに止まらない。民事的に請求されてコトが面倒になることを恐れて、「ちょっとだけ不払いしてみたけど、やっぱり払っちゃおうかな」 なんてことになる軟弱層が結構いるだろうから、そっちの方面での効果の方が大きいだろう。

一種のアナウンス効果だ。確かに、一連の NHK 不祥事に怒ったふりをして、軽い気持ちで流行りに乗った層の何割かは、しかたなく払っちゃうだろう。不払いを始めてまだ日も浅いだろうから、支払額自体もそんなにかさむことはないだろうし。

でも、ニュースをよく読んでみるといい。督促の対象は、「長期間にわたって受信料の不払いを続ける世帯、事業所」 ということである。「長期間」 の基準がどの辺にあるのかしらないが、たかだか、2年や 3年じゃなさそうだ。だから、去年やそこらで不払いに転じた層は、安心していても大丈夫だろう。

問題は、そうした層も年月が経つにつれて 「長期間の不払い」 になっていくということだが、一度にたかだか数十件程度の法的手続き移行というのでは、自分のところに来る確率というのは相当に低い。交通事故にあう確率より低いかもしれない。

アナウンス効果の期待されている層は、よく考えれば、まだまだ払わずに済みそうだし、実際に督促された層は、あまりの高額に払いきれないというケースが多いだろう。

というわけで、結局、大した効果はないんじゃないかなあ。何もやらないよりマシだと踏んだんだろうか。要するに、上がうるさいんだろうけど、結局のところ、労多くして功少なしという空しい思いを噛みしめるのは、実際の手続きに当たる下っ端の職員なんだろうなあ。

ちなみに、うちは 「御奉納」 のつもりで払っている。以前にも書いたように、「奉納」 という以外の合理的理由が見あたらないので。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ブログをいつ更新するか | トップページ | 「言挙げ」 せぬ蕎麦の花 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

うちは正式に「テレビ受像機がない」と認識していただきまして。マンションのケーブルテレビ導入のとき、係のねーちゃんの不手際でNHKも民放も映らなくなり、ハードとしては健在だけど受像機としての機能を果たさなくなっちゃった。

そういう事情を集金人のおじさんに説明したら、「解約書」なる書類をくれたんです。で、サインしてハンコ押してOK。

テレビを見なくなって3年ぐらい経ちますけど、けっこう平気ですよ。NHKの体たらくもしっかりネットと新聞で拝見しております。

投稿: sato | 2006/10/01 10:53

sato さん:

>マンションのケーブルテレビ導入のとき、係のねーちゃんの不手際でNHKも民放も映らなくなり、ハードとしては健在だけど受像機としての機能を果たさなくなっちゃった。

へえ、ある意味、ラッキーですね。
ハードとしてのテレビなんて、ビデオが見られりゃ OK だし。
いや、私はビデオも DVD をパソコンで見るし、ニュースは後から Yahoo の画像で見るし、テレビなんて、なくても全然困らないですね。

ウチのテレビは、家族のために置いてあるようなものです。

投稿: tak | 2006/10/01 19:30

なるほど。

>テレビなんて、なくても全然困らないですね。

神棚や仏壇のようなものですな(笑) 拝む人は拝んで、受信料を奉納する。

投稿: 山辺響 | 2006/10/02 10:38

山辺響 さん:

言えてる!

投稿: tak | 2006/10/02 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/12103736

この記事へのトラックバック一覧です: 受信料不払い法的措置の、実際の効果:

« ブログをいつ更新するか | トップページ | 「言挙げ」 せぬ蕎麦の花 »