« 20万ヒット記念和歌 | トップページ | 「おみおつけ」 は、ちょー美化語? »

2006/10/04

これ、おいくらのお洋服?

アパレル・メーカーには時々、「おたくの品番xxxx番は、おいくらの商品ですか?」 という値段の問い合わせ電話がかかってくる。

一番多いのは、町のクリーニング屋さんからで、「洗濯に失敗して台無しにしてしまい、弁償しなければならないので」 というものだ。こうしたケースは、案外少なくない。

ただ、衣料品というのは永遠にもつものではないので、長く着れば多少はへたってくるし、ほころびだって出る。だから、3年も 4年も前に買ったものならば、購入当時の値段の全額を弁償するのかどうか、そのあたりは、多分、当事者同士で相談しているのだろう。

しかし、中には押しの強い消費者もいるので、かなりくたびれた服でも、まるまる弁償させてしまうというケースもあるだろうと想像される。こうしたケースでは、消費者は圧倒的に強い。大きな声でまくし立てれば、大概の要求は通ってしまうというのは、ちょっと恐い。

洋服の減価償却期間なんて、法律でも明確な基準はないのだろうし。

値段の問い合わせは、クリーニング店からばかりではない。最近目立つのは、美容院からの問い合わせだ。毛染め液を洋服の襟あたりにつけてしまい、染みをつくって台無しにしてしまうというケースが目立つ。

そればかりではない、一般消費者からの問い合わせだって、結構ある。「実はいただき物なんですけど、お値段がとても気になるので……」 というのが多い。かなりセコイお話なのである。

女性の世界では、洋服をつい衝動買いしてしまったものの、やっぱり自分ではあまり着ないので、親戚や友達に 「きっとあなたの方が似合うわよ」 とかなんとか言って、体よく押しつけてしまうなんてことが、よくあるようなのだ。

あげてしまった方は、タンスの肥やしを処分して、せいせいしているのだが、もらった方は、「彼女に借りなんか作りたくないわ」 なんて余計なことを考えて、負担になってしまう。結局は 「お返し」 をしないと済まないような気がする。

すると、どの程度のお返しをしたらいいのか気になって、夜も眠れなくなる。ちょっとモノのわかった人なら、一見すればどの程度の値段か見当がつくが、世の中、そんな人ばかりではない。そこで、思いあまってメーカーに直接電話までして、値段を聞いてくる。

なんとも哀しい性 (さが) である。

さらに問題は、値段さえわかればいいというものではない。メーカーに問い合わせてわかるのは、いわゆる 「メーカー小売希望価格」 というもので、つまり、シーズン終盤のバーゲンで値引きになる以前の値段である。

しかし実際には、ちょっと周りを見回せばわかるように、今時、洋服を値引きになる前の値段で買う人なんて、あまり多くはない。

アパレル業界の実際の収益実態から、ばっくりと類推すると、世の中の人間によって着用されている洋服の、ほぼ半分 (あるいは、それ以上) は 「セール価格」 (割引価格) で買われたものである。

大抵の人は、自分のワードローブを眺めれば、納得すると思う。かく言う私だって、手持ちの半分以上は、「セール価格」 で買ったものだ。3割から 5割引、下手したら、アウトレット価格で 7割引ぐらいで買ったものかも知れない。

町のクリーニング屋さんが、洗濯の取り扱いに失敗して、預かった洋服を台無しにしてしまう。お客は、「お気に入りのお洋服なのに、どうしてくれるのよ!」 とせっつく。メーカーに電話して聞いてみると、5万 8000円の商品だという。

そこで、しかたなく、5万 8000円を全額弁償する。しかし、その洋服は、5割引の 2万 9000円で買ったものだった可能性が、50%ぐらいあるのだ。割引価格だったとすると、そのお客は、単純計算で、2万 9000円の得をしてしまうことになる。

3万 6000円の商品を、バーゲンで 1万 8000円で買い、1~2度着て、お友達にあげたら、忘れた頃に 3万円ぐらいの値打ちの 「お返しの品」 が贈られてきた。これも、単純計算で 1万円以上の 「お得」 ということになる。

ああ、世の中、奇々怪々である。洗濯屋さん、多分、薄々わかってると思うけど、洋服の値段なんて、あまり当てにならないものなんだよ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 20万ヒット記念和歌 | トップページ | 「おみおつけ」 は、ちょー美化語? »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/12139526

この記事へのトラックバック一覧です: これ、おいくらのお洋服?:

« 20万ヒット記念和歌 | トップページ | 「おみおつけ」 は、ちょー美化語? »