« 本当に 「生徒は犠牲者」 か? | トップページ | 電車で寝るのは、日本人だけ? »

2006/11/01

NHK 連ドラと 「サザエさん」 の関係

実際にはまともにじっくり見たことなんてないので、私の単なる偏見かも知れないが、NHK の朝の連続ドラマ、とくに NHK 東京制作のドラマを見るのが、大の苦手である。

いや、決して嫌いというわけではない。だが、あの何とも言えない NHK 独特の 「連ドラ臭さ」 が、何とも居心地悪い。

ヒロインが虚空に向かって、不器用な長台詞をのたくっている間、背景にいる他の登場人物が、素に戻りそうになるのをぐっと堪えたような微妙な笑顔で、台詞の終わるのを、凍り付いたように待っている、あの何とも言えない 「間」 は、何とかならないものか。

とくに、ヒロインの弟とか、ヒロインに密かに好意を寄せる近所のあんちゃんだとか、そんなような役どころの若い男優の、不器用すぎる 「間」 ときた日には、もう最悪である。見ていて、ムズムズしてくる。「おい、もっと自然にやれよ!」 と言いたくなってしまう。余計なお世話だけど。

あの 「凍り付き方」 は何かに似ていると、長年思っていたのだが、近頃、急に思い当たった。アニメの 「サザエさん」 なのである。「サザエさん」 の場合も、誰かが口だけ機械的にパクパクさせて台詞をしゃべっている間、他の全員は背景の中で凍り付いている。

だが、アニメの場合は、確かに不自然は不自然なのだが、ムズムズするような居心地の悪さまでは感じない。そりゃ、人工の 「絵」 なのだから当然だ。

「絵」 は、他の役者の台詞の終わるのを待ってる間も、自分の体のやり場に困ったりはしない。それでこちらも、単なるコスト節減策なのだろうと割り切って、のほほんと見ていられる。

しかし、生身の役者となると、そうはいかない。若い男優なんか、所詮芝居が下手くそな上に、下手なりの自然な動きをしようとすると、民放ドラマの雰囲気になっちゃうから、NHK スタイル至上主義の演出としては、ダメだしすることになるのだろう。

それで、いかにも居心地悪そうに凍り付くことになるわけだが、そんな不細工な芝居ともいえない芝居 (「偽善者にもなれない偽善者」 とはちょっと趣が違うので、許されい!) を見せられる視聴者の方が気の毒というものだ。

いや、もしかしたら、あれもアニメ同様、ある種のコスト節減策なのだろうか。限られた時間内でどんどん撮り進めるために、余計な芝居をさせないという長年の伝統が、連ドラ・スタイルとして定着してしまったということも考えられる。

ところが、同じ NHK 連ドラでも、NHK 大阪制作になると、あの独特の NHK 臭い 「間」 というものがずいぶん薄められているような気がする。さすが、大阪である。ボケとツッコミの間というものができあがっているのだ。その分、少しは安心して見ていられる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 本当に 「生徒は犠牲者」 か? | トップページ | 電車で寝るのは、日本人だけ? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

お気に入りに登録させていただいていますので
時どきお邪魔させていただいています。

私もNHKの朝の連続ドラマの臭さはダメです。
従って見たことがありません。

見たことがないのになぜ言えるのか?って。
ちょっとした予告編みたいなもので判断しています。
他の民放のドラマもほとんど皆無に等しいくらい見ていません。

たまに見るのは同じNHKでも藤沢周平さんのドラマや
御宿かわせみのような時代劇ものか
向田邦子さんのドラマです。
本来時代劇のフアンではないのですが
見るとしたらそれくらいのものしかありません。

テレビは今ではニュースかドキュメンタリ、
ある種の情報番組位のものでしょうか。

投稿: ネット姫 | 2006/11/01 21:02

ネット姫さん:

私も、テレビはほとんど見ませんね。

見るのは、サッカー、格闘技の中継。
後は、馬鹿馬鹿しいバラエティをちょっと垣間見るのみ。

テレビはシリアスなコンテンツより馬鹿馬鹿しい内容の方がお似合いだと思ってます。
なにしろ、シャボン玉ホリデイで育ったもので。

投稿: tak | 2006/11/01 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/12504214

この記事へのトラックバック一覧です: NHK 連ドラと 「サザエさん」 の関係:

« 本当に 「生徒は犠牲者」 か? | トップページ | 電車で寝るのは、日本人だけ? »