« メールの返事は、メールでしろ! | トップページ | 共産党は 「やらせ質問」 したことないのか »

2006/11/10

ヒラリーは、ただスマートなだけかも

アメリカの中間選挙関連のニュース、やたらとヒラリー・クリントンがフィーチャーされていて、次期大統領候補は決定みたいな雰囲気だ。

日本から見た限りでは、今回の選挙、ある意味で、イラク戦争問題を正攻法で問うというより、ジョージ・ブッシュ対ヒラリーのイメージ選挙みたいなところがあったような気がする。

現在の情勢の中で、どっちが大衆にアピールするかは、言うまでもない。

どのように振る舞い、何を言えばスマートに見えるかを熟知しているヒラリー・クリントンと、どのように振る舞い、何を言えば馬鹿に見えるかを知らないジョージ・ブッシュとでは、勝負は目に見えていた。

ヒラリーが本当の意味で賢い人間かどうかというのは、私はかなり疑問を抱いているが、何をやらせてもそつなくこなす常識と 「勘の良さ」 に関しては、ちょっとしたものだと思う。ツッコミどころを作らないところは、ブッシュとは全然違う。

ただ、彼女のインタビューなんかを聞いていると、何を聞いたらどう答えるかというのが、大体想像通りだったりして、意外性というのはほとんどない。アメリカのベビー・ブーマーズの最大公約数的な 「スマートさ」 というのを、意識して身につけているだけという気がしないでもない。

つっこみどころがなさ過ぎて、カリカチュアしにくいので、私みたいなへそ曲がりにしてみれば、マニュアル通りのつまらない政治家ということになってしまう。

「スマートさ」 が大好きな人間には支持されるだろうが、「ユニークさ」 まで要求する人間には、物足りないかもしれない。そのあたり、2年後の本番まで底が割れずにもつかどうかというのが、最大の問題だ。

私はビル・クリントンが大統領に選出される前、彼を 「アメリカの口先男」 と呼んでいた。同じように、今のうちに言っておこう。「ヒラリーは、ただスマートなだけ」 と。

しかしながら、大統領に人間としてのユニークさなんて要らないということならば、ヒラリーは、とても有力な候補である。あれだけスマートな人間というのも、貴重だろうから。

ただ、大統領選挙ということになると、アメリカ人、とくに南部のオッサン達というのは、スマートすぎる人間が嫌いだから、どうなるかわからない。いかに 「あたりさわりのない隙」 を作っておくかということも必要になる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« メールの返事は、メールでしろ! | トップページ | 共産党は 「やらせ質問」 したことないのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/12623971

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラリーは、ただスマートなだけかも:

» 変成女子説 [コミカル・ミュージック]
やったー、とうとう共和党が議席を減らしたぞ。しかも連邦議会の両院でだ。これほど嬉しいことはない。ネオリベラル資本主義を強引に押し進めてきた共和党は遂に勝利の女神から見放されたのだ。ネオコンのラムスフェルドも辞... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 06:58

« メールの返事は、メールでしろ! | トップページ | 共産党は 「やらせ質問」 したことないのか »