« 大きな組織の小さなイベント | トップページ | 「スルー力」 の頃合いは難しい »

2006/12/05

県会議員候補者はモー娘と変わらない

来年春は統一地方選挙があって、多くの県で知事や議員の選挙になるようだが、わが茨城県は一足早く今月 10日が県会議員選挙で、一部の人たちは異常に盛り上がっている。

あちこちの広場や駐車場で、なんとか決起集会が行われていて、ありとあらゆる縁者が動員され、気勢 (奇声?) を上げている。

ただ、奇声を、じゃない、気勢を上げているのは、元から地元に住んでいる人たちばかりで、他から移住してきた、いわゆる 「新住民」 の多くは、候補者の誰が誰やら区別が付かず、ただ呆然としているだけだ。

本当に、候補者の区別がつかないこと、モー娘 (「モー娘。」 と書くんだっけ?) を見ても誰が誰やらさっぱりわからないのと同様である。ありゃ、「モーおじ。」 か?

というわけで、この県会議員選挙というのは、最も投票のモチベーションが上がらない。

国政選挙や、町長、町会議員 (おっと、今年からウチの地元も、市長、市会議員選挙になったのだな) の選挙なら、まだ何とか、候補者の 「顔」 が見えるような気もするが、県会議員というのは妙に中途半端だからこそ、新住民にはものすごく遠い。

ただでさえ、距離を感じているのに、まともな情報も伝わってこない。先月末は、事前運動ギリギリの  「後援会員勧誘」 を名目とした家庭訪問が盛んに繰り広げられていたが、少しばかり話を聞いても、さっぱりわからない。

戸別訪問する方も、事前運動ギリギリと意識して腰が引けているから、あまり具体的なことは言わない。「いい人」 とか、「誠実な人」 とか、「地元のために働いてくれる人」 とか言うばかりである。全員そうなので、判断材料にはならないのである。

それに、ただでさえ投票率が低いのだから、中身は固定票と組織票ばかりである。ほんの少しの浮動層は、まともな情報を求めているが、届くのは候補者名の連呼ばかりである。

これでますます投票のモチベーションが下がり、投票率の低下に拍車がかかり、組織票に支えられたお約束の顔ばかりが当選することになる。

地方選挙の投票って、私にとっては、投票率を落とさないための義務感で行くだけのような気がする。利権がらみで盛り上がってる人たち以外には、本当につまらない。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 大きな組織の小さなイベント | トップページ | 「スルー力」 の頃合いは難しい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/12935239

この記事へのトラックバック一覧です: 県会議員候補者はモー娘と変わらない:

« 大きな組織の小さなイベント | トップページ | 「スルー力」 の頃合いは難しい »