« 日本男児の真情溢れるレトリック | トップページ | 「松の内」 は 15日までと突っ張ってみる »

2007/01/12

「ぬるぬる」 秋山、やっぱり失格

1月 2日のエントリー で触れている、大晦日の K-1 Dynamaite のメーンイベント、秋山成勲 対 桜庭和志 戦における 「ぬるぬる疑惑」 について、K-1 サイドが秋山の不正行為を認め、失格の裁定を行った (参照)。

体にスキンクリームを塗っていたとのことで、K-1 と秋山のイメージダウンは避けられない。

K-1 側の発表は 「ワセリン、タイオイル等の塗布はなかったが、秋山は全身にスキンクリームを塗っていた」 というもの。これは 「クリームは OK だと思っていた」 という秋山の認識不足によるものであり、カメラの前で堂々と塗っていたことなどから、悪意ではなく過失と判断したという。

このあたりは、かなり微妙なところである。秋山は今回の記者会見で、元々 「乾燥肌」 で、それを防ぐために普段から使用し、塗っても大丈夫という認識だったと発言したという。しかし、試合後の記者会見では、自分は 「多汗症」 であると言っていたではないか (参照)。

多汗症で、しかも乾燥肌の人間なんているか? この辺からして、秋山という人間を信頼できるかどうかは、大いに疑問だ。

大汗かくヤツが 「乾燥肌」 とかなんとか言って、体にスキンクリームなんか塗って、照明に照らされたリングで格闘技の試合なんかしたら、汗とクリームが混じり合ってぬるぬるになるのは当たり前である。「悪意ではない」 というが、本当にそうなのか?

そもそも、私が 1月 2日のエントリーで指摘したように、秋山のタックルを切る動きはかなり不自然だった。あんな風に長靴でも脱ぐようにひょいと回ったりは、普通はしない。ぬるぬるを前提として、練習で繰り返し身につけなければ、咄嗟にはできないだろう。

今回の処分を幕引きとして、K-1 側は事を収めたいところだろうが、そうは行かない。まだまだ疑惑がすべて解決されたわけではないのだ。今後、秋山はリングに上がるたびに猛ブーイングを浴びることを覚悟しなければならないだろう。自分で蒔いた種だから、仕方がない。

後から PRIDE の動画を見るにつけ、総合ルールの試合に関しての、K-1 のいい加減さは際立つ。損なわれた K-1 への信頼が、今回の処分発表で回復されるとみるとしたら、それは甘すぎるというものだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 日本男児の真情溢れるレトリック | トップページ | 「松の内」 は 15日までと突っ張ってみる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13446145

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぬるぬる」 秋山、やっぱり失格:

« 日本男児の真情溢れるレトリック | トップページ | 「松の内」 は 15日までと突っ張ってみる »