« ニーズが大きすぎるから、インチキも出る | トップページ | 『Google 革命』 を真に受けると »

2007/01/22

「あるある大事典」 は、リンク禁止だそうだ

あるある大事典 II」 のサイトで、トップページの下の方に 「当HPへのリンクについては、一切お断りしておりますのでご了承ください」 との文言を見つけた私は、ついふらふらっとリンクしてみたくなってしまったのである。

私は決してモヒカン系ではないのだが、これはちょっと見逃すには惜しいではないか。

これだけの問題を起こしてしまった番組の公式ウェブサイトが、トップページで 「リンクお断り」 とエラソーに言っているという、そのコントラストが、えも言われず趣深い。ネタとしては、かなりおいしい。

もしかして、これはこのウェブページの制作を担当している株式会社グロービックの方針なのかと思って、同社のサイトに飛んでみたのだが、そういうわけでもなさそうだ。同社制作の他のウェブページでは、そんなナンセンスな主張はなされていない。

となると、「あるある」 側がとくに依頼して、こうした文言を入れさせたものと考えるほかない。ふむふむ。

そして、その表示の上には、次のような文言もある。

当サイトに掲載されている文章・写真・図表等には著作権があります。
著作権は日本国著作法および、国際条約により保護されていますので、著作権法上認められている例外を除き、これらを無断で転載・複製等を行うことは禁じられています。

しかし、今回の騒動に関する関西テレビのお詫びのページには、以下のような文言もある。

また、ここで使用している 「DHEA分泌は加齢とともに低下する」 ことを示したグラフは許可を得ずに引用いたしました。

ふむふむ、自分では守らない著作権法を、他人に対しては遵守しろと押しつけるわけなのだね。これも、見逃すには惜しい。

しかも、上記の 「許可を得ずに引用いたしました」 という文言は、ちょっとおかしくて、 「許可を得ずに転載いたしました」 の方がより適切だろう。(通常、「引用」 には許可なんて要らない)

そんなこんなで、要するに、「あるある大事典」 って、元々からして、かなりヘン×2ぐらいの番組だったのねいうことがわかった次第なのである。

あ、それから、今回の問題に関しては、毎日新聞がかなり攻撃的な記事を書いている (その 1その 2)。亀田や K-1 の件でさんざん嫌みを言った宿敵、フジサンケイ・グループの不祥事だけに、すこぶる意気盛んのようだ。一番笑ってしまった部分を、以下に引用する。

東京都江東区の大手スーパーで買い物していた団体職員の女性(41)は番組のねつ造を知り 「今日も買いに来たんです。信じていたのに」 と絶句した。以前は月に数回食べる程度だったが、番組で 「1日2パックを毎日朝晩食べ続けて」 と聞き、その通りにしていた。「でも体重が減らないからおかしいと思っていた」

江東区の大手スーパーの納豆売り場で網を張ってまで取材した熱意 (?) は立派だが、ここで恥を忍んでまで、あまりにも期待通りのステロタイプなコメントを発してくれた 「団体職員女性(41)」 の素性を、私は怪しむ。もしかして、毎日関係者だったりしてね。

【1月24日追記】

あるある大事典のサイトは、削除されてしまったようで、現時点では表示されない。ご丁寧なことに、Google のキャッシュも表示されないようだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ニーズが大きすぎるから、インチキも出る | トップページ | 『Google 革命』 を真に受けると »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今までの健康食品ブームも長く続かなかったから、
今回の納豆もいつまでかな?って見守っていたけど
こんな結末で終わるとは…。
でも納豆は体にいいから、こんなことでめげずに
毎日食べ続けましょう!

投稿: アンジェロ | 2007/01/22 21:01

アンジェロ さん:

>でも納豆は体にいいから、こんなことでめげずに
>毎日食べ続けましょう!

そうそう。
世界中の 99%が納豆を見放しても、
私は最後まで食べ続けるから、
納豆君、安心してていいからね。

投稿: tak | 2007/01/22 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13610358

この記事へのトラックバック一覧です: 「あるある大事典」 は、リンク禁止だそうだ:

» みそ(味噌)ダイエットもでたらめ引用 [ネット丸トク情報]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000405-yom-ent「まだまだあるある」実験データの捏造が発覚して打ち切られた「発掘!あるある大事典2」にまたしても不正な放送があったようです。その内容は、2006年2月の放送分の取材を受けた研究者が、血圧に...... [続きを読む]

受信: 2007/01/29 21:13

» 「しょせんテレビ」と言われても。 [ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。]
テレビを見てて、最近前みたいに「うふふっ」と笑えなくなってきました。多分、その発端は例の「あるある」問題。あの捏造は確かに酷かったけど、真に受けてドドドっと動いた方もそりゃ愚かだったかもしれないけど、でも、それより寒々としたのは、個人的には「識者」と呼ばれる人たちだったりします。制作者としてあるまじき行為と断罪しながらも「だけど、ちょっと考えれば分かるはず」「大体そんなにテレビを信じてる人がいるなんて驚き」等々まるでバカ扱いでしたねぇ・・視聴者は。となると、ナットウキナーゼは...... [続きを読む]

受信: 2007/02/08 16:30

« ニーズが大きすぎるから、インチキも出る | トップページ | 『Google 革命』 を真に受けると »