« 長嶋さんの平仮名署名 | トップページ | 「マイ箸」 を持ち始めた »

2007/01/18

会社を不祥事で潰したくなかったら

雪印の次は不二家。この 2社だけが業界におけるごく特殊な存在で、他はみんな真面目にやっているなんて素直に信じるのは、とってもいい人なんじゃなかろうか。

ほかにも、「あの時のことがいつバレるやら」 と、内心ヒヤヒヤしているメーカーが、1社や 2社じゃなかろうと思う方が自然だろう。

今どき、企業の不祥事はバレるものと思った方がいい。昔なら、妙な忠誠心があったせいで、会社ぐるみでばれないようにがんばっただろうが、もうそんな時代じゃないのだ。恒常的に繰り返していれば、大抵は内部から漏れる。

かなり以前、ある地方の衣料品会社の従業員から電話で相談を受けたことがある。その会社は、中国製衣料品のラベルを、ご苦労なことにいちいちハサミで切り取って、原産国を明示せずに (つまり、言外に 「国産」 を偽装して)、市場に出荷しているという。

事実ならば、明らかに法令違反である。それに疑問を投げかけた中堅社員は、即座にどうでもいい理由で解雇されたそうだ。

その解雇された社員に同情したパートタイマーが、ぜひその事実を告発したいというのである。「こんな会社で働くのは、もうほとほと嫌気がさしたから、クビになるのは恐くもなんともないし、それで会社が潰れるなら、早く潰れてもらいたい」 というのだ。

よほどひどい経営者だったのだろう。「それほどまでに義憤にかられるならば、公正取引委員会にもちかければいい」 と返事しておいた。

その相談は匿名だったので、その後どうなったか、私は知らない。公取にタレ込んだかもしれないし、もしかしたら、口止め料か何かで収めてしまったかもしれない。

ただ確実に言えることは、パートタイマーや派遣などの雇用が増加した今、従業員のロイヤルティは良くも悪しくも急速に低下しているので、企業不祥事の内部告発は今後ますます増加するだろうということだ。

恒常的に不祥事を繰り返してしまう会社というのは、歴史のある上場会社だろうが、素性の怪しい中小企業だろうが、遅かれ早かれ潰れてしまうのである。瞬間風速的に不当な利益を上げてさっさと計画倒産するような会社もあれば、決して潰れたくはなかっただろう雪印のような例もある。(多分、不二家もダメだろう)

ズルして、なおかつ潰れたくない会社は、従業員をすべて親類縁者だけで固めなければ、今の世の中では安心できまい。しかし、そんなことは無理なのだから、要するにズルなんかしない方がいいに決まっているのだ。そんなこともわからないような企業だから、潰れるのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 長嶋さんの平仮名署名 | トップページ | 「マイ箸」 を持ち始めた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

愚直一徹・・・私も弱小団体を構成しておりますが
普遍的な此の真理で今日まできました。
団塊の世代一歩前の年齢でありますので
結局、是が一番近道安全であるとの確信によって・・・。

投稿: 歩遅子 | 2007/01/18 10:59

お邪魔します。がんなむぅです。

 今件、食品衛生法にしっかり触れてしまっているので、なんとも言い訳できない展開ですが、先般の最初の報道の際に、「昭和30年代に勤め始めたスタッフが判断して…」ということを言い訳してました。

 昭和30年代入社の超ベテランスタッフさんが「良し。これなら大丈夫!」と太鼓判を押したのなら、なんとなく信じてもよさそうな気がしますが、その後の報道ではその話も立ち消えになっている模様です。

 その“超ベテラン”さんは、(初期の)言い訳の材料にされてしまったということでしょうか?

 賞味期限切れてなきゃいいけど。

投稿: がんなむぅ | 2007/01/18 11:29

歩遅子 さん:

正直が一番ですね。
一度ごまかしを始めると、一生付きまとって、大変なストレスでしょうしね。

投稿: tak | 2007/01/18 12:31

がんなむぅ さん:

>昭和30年代入社の超ベテランスタッフさんが「良し。これなら大丈夫!」と太鼓判を押したのなら、なんとなく信じてもよさそうな気がしますが、その後の報道ではその話も立ち消えになっている模様です。

わはは (^o^) 
そのスタッフは、多分 60歳台なんでしょうね。
高度成長期の「利益のためなら、何をやっても許されちゃうもんね」 という雰囲気を経過した世代の、脇の甘さというか。

かくいう昭和 20年代生まれの私も、冷蔵庫の中の牛乳の賞味期限が 1日過ぎてるぐらいだったら、平気で飲んじゃいます。

今まで、それでおなか壊したことはありません。賞味期限内の牛乳を飲みすぎて、下痢しちゃったことはありますけどね。

だから、多分実害はなかったんでしょうけど、信用問題というか、もっと言えば、「気分の問題」 なんでしょうね。

市場では 「気分の問題」 というのは、ものすごく大きな要素です。

投稿: tak | 2007/01/18 12:47

「賞味」期限なら1日や2日過ぎたって大丈夫なんですよ。問題は「消費」期限を過ぎた食材を使用したことです。

投稿: Reiko Kato | 2007/01/18 13:21

Reiko Kato さん:

>「賞味」期限なら1日や2日過ぎたって大丈夫なんですよ。問題は「消費」期限を過ぎた食材を使用したことです。

が~~~~ん!
知りませんでした。ご指摘、ありがとうございます。

一度、「消費期限」 の切れた牛乳を味見してみたいなんて思うのは、物好きに過ぎるでしょうか? それとも、もしかして、いつもやっちゃってるのかな?

投稿: tak | 2007/01/18 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13547550

この記事へのトラックバック一覧です: 会社を不祥事で潰したくなかったら:

» 賞味期限とは? [健康と食へのこだわり]
賞味期限(しょうみきげん)とは、加工食品を包装状態のまま所定の環境に置いた状態で... [続きを読む]

受信: 2007/01/30 10:28

» うみ出し切れず、信頼失墜 [いつかはいいニュースが流れるように・・]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000266-jij-biz [続きを読む]

受信: 2007/02/02 15:08

« 長嶋さんの平仮名署名 | トップページ | 「マイ箸」 を持ち始めた »