« 女性蔑視というより、「人間蔑視」 じゃん | トップページ | ウェブ上のテキストの読みやすさ »

2007/02/01

ブログの文壇をブロゴスフィアというのか

近頃、「知のヴァーリトゥード」 のユニーク・アクセス数が、平日だと 300を遙かに越えるようになった。ブログの "Today's Crack" はその倍近くなので、両方合わせたユニークアクセスは、平気で 1000を越えてしまう。

我ながら増えたものだと思うが、世の中にはもっとすごいブロガーがいる。

私は 5年前に自分のサイトを始めた頃は、1日に 30人が 50回来てくれるサイトになればいいと思っていた。それは 1年足らずで達成してしまい、それからは、100人が 200回来てくれればいいと思うようになった。

それが実現したのは、たかだか昨年の初め頃である。その頃は、ブログと合わせたユニーク・アクセスは、1日に 500ぐらいだった。そして、私は 「もう、これで十分」 と思っていた。それ以後は、意識してアクセスを増やそうという気はなくなってしまった。

ところがおもしろいもので、そんな気になってからの方がアクセスの伸びは大きく、それから 1年足らずで、さらに倍以上に増えてしまったわけだ。私としては、本当にもうこれで十分である。これ以上増えてしまって、コメントががんがん付くようになったら、管理が大変だ。

ところが、世の中には 1日のアクセス数が 2000や 3000では済まないブログがいくらでもあるようで、そうした影響力の強いブロガーを、アルファブロガーというらしい。そして、そのアルファブロガーを選出したサイトというのまである。

このサイトでは、年ごとのアルファブロガー選出を 3年続けて実施していて、2006年のアルファブロガー 40傑も発表されている (参照)。

私はこの企画を近頃初めて知ったのだが、発表されたベスト 40のうち、もともと知っていたブログはいくつもなかった。私はあまり他の有力ブログを意識していないブロガーであるらしい。とはいえ、この際だからそのうちのいくつかを、私のはてなアンテナに加えさせていただいた次第である。

「そのうちのいくつか」 というのは、その他の大多数は、私にとっては 「あんまりおもしろくないな」 と感じてしまったからである。世の中で 「アルファブロガー」 と認められていても、それらの全てがおもしろいとは限らないようだ。

そして、ちょっと驚いてしまったのだが、ここで選出された 「アルファブロガー」 の中には、更新頻度がそれほど高くないものが結構多いということだ。せっかくアンテナに加えたのに、あまり更新されないから、頻繁に読むこともないのだ。

私なんか、毎日更新していてこの程度なのに、1週間に 2回や 3回程度の更新で、そんなにまで影響力が強いと認められるというのは、どこが違うのかなあと、単純にびっくりしてしまったのだ。

何だか、ブログの世界でも 「文壇」 みたいなものができつつあるのかなんて思ってしまった。ああ、なるほど、ブログの世界の文壇を 「ブロゴスフィア」 というのか。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 女性蔑視というより、「人間蔑視」 じゃん | トップページ | ウェブ上のテキストの読みやすさ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13738088

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの文壇をブロゴスフィアというのか:

« 女性蔑視というより、「人間蔑視」 じゃん | トップページ | ウェブ上のテキストの読みやすさ »