« そりゃもう 「言いがかり」 だろうよ | トップページ | 「どっこいしょ」 って、言っちゃう? »

2007/02/08

笑いの取れるオチがつかないものか

先月末に 「産む機械」 発言について触れて以来、何度かこの関連のエントリーを書いたが、私って、政治関係のテーマは本当に長続きしない。もうほとほと飽きてしまった。

そもそもこの問題について、私は政治論というよりは、人間の 「言葉遣い」 の問題として論じたかったのだと、今頃気付いた。

そして、政治の場では、まともな言葉遣いなんてあり得ないと、前から知っていたくせに、まだ少しだけ期待してみようなんていう青臭さが、自分に残っていたことにも気付いて、照れくさくもあり、妙な心持ちになってしまったのであった。

で、例の 「健全論」 だが、柳沢氏が何故に、取って付けたように 「健全」 なんていう言葉を繰り返して使ったのかというと、多分、彼は彼なりに、世間におもねてみたくなっただけのことなのだろうね。

若者のモラルの乱れが言われているけれど、意識調査の結果を見ると、彼らの多くは、ちゃんと結婚して、子供も 2人以上欲しいと言ってる。まんざら捨てたもんじゃない。これは案に相違して、健全でございますよ。はい。

その健全さに応える政治を、私としては、いたしたいのでございますってなことを、先の 「産む機械」 発言の言い訳も兼ねて、というか、ほとんどその言い訳のために、してみたくなったんだと思う。

そりゃもう、つい口がすべって、妙な喩え話をしちゃったもんだから、多少は点数稼ぎし直さなければならないなんて、いらんことを思ったのだろう。彼としては、その辺の兄ちゃん姉ちゃんを 「健全」 なんていう言葉でおだて上げたこと自体、異例のおべっかだったのだと思う。

ところがやっぱり、あの通り言葉センスの欠けた人だから、「子供が 1人しかいないとか、1人もいないとかいう女性を、不健全だとでもいうのか」 なんて、意表を突いたところから、さらにいじめられちゃった。ほとほと間の悪いお人である。

「結婚して、子供は 2人以上欲しい」 という以外の意識を 「不健全」 だなんてことは、いくら柳沢さんでも、そんなことを言う意図はなかっただろうと思うよ。まあ、「困ったもんだ」 ぐらいのことは、心の底では思ってたかもしれないが、少なくとも、そうは言っていない。

あの発言の意図は若者の多数派をおだてることで、少数派をくさすことではなかっただろう。そんなことしたら、言い訳の邪魔になるし。ただ、結果的には、「下手な言い訳、休むに似たり」 になってしまったわけだけれど。

しかし、下手な言い訳と下手な言いがかりの応酬はもううんざりだと、私は言いたいのである。素敵な笑いの取れるオチがつけられればいいんだけど、そこまで芸のある人たちじゃないし。

やっぱり、ポリティカルな場では、人間の言葉センスは悪くなるもののようなのだ。なるべく近づかないようにしておこう。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« そりゃもう 「言いがかり」 だろうよ | トップページ | 「どっこいしょ」 って、言っちゃう? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13827801

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いの取れるオチがつかないものか:

« そりゃもう 「言いがかり」 だろうよ | トップページ | 「どっこいしょ」 って、言っちゃう? »