« 「産む機械発言」 という装置の新たな機能 | トップページ | 笑いの取れるオチがつかないものか »

2007/02/07

そりゃもう 「言いがかり」 だろうよ

昨日の夕方、車で帰宅するときに、カーラジオで 「柳沢さんが、また余計な発言をして批判されている」 と、キャスターが告げていた。

録音された発言では、私は、どこが批判されるべき点なのかわからない。ところがキャスターは、子供の要らない人、できない人などを 「不健全」 呼ばわりしているのだという。

おいおい、先の 「産む機械発言」 に関する批判は 「揚げ足取り」 のようなものだが、今回のは 「言いがかり」 だろうよ。昨日の私のエントリーの、"「産む機械発言」 の新機能" が、ここに来てさらに増強されてしまったようなのである。

今回の新発言は、朝日の記事から引用すると、「若い人たちは、結婚したい、子どもを 2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる。若者の健全な希望にフィットした政策を出していくことが大事」 ということだ (参照)。

これに関しては、朝日も "国立社会保障・人口問題研究所が 05年に実施した調査によれば、9割が 「いずれ結婚するつもり」 と答え、希望する子どもの数は 「2子以上」が 85%にのぼるが、実際にはそこまで達していないことを踏まえた発言" と解説していて、データ的裏付けはデタラメではないことがわかる。

問題は、結婚を希望して、子供が 2人以上欲しいという若者のみが 「健全」 であって、それ以外は 「不健全」 であると、柳沢氏が言っているのかどうかということだが、そんなことは一目瞭然で、「言ってない」 のである。

「ドストエフスキーの 『カラマーゾフの兄弟』 は傑作だ」 という発言が 「それ以外は駄作だ」 と言っているわけではないのと同じことだ。

言ってもいないことを、さも言ったようにあげつらうことを、日本語では 「言いがかり」 というのである。私は、そんなみっともないヒステリックなことはよう言わん。

朝日の別の記事中では、コラムニストの天野祐吉氏が、「結婚願望とか子どもの数を、統計データを基に、多数派、少数派というならいいが、『健全』 という言葉を使うのがおかしい」 と主張している。

この発言に対する最も手っ取り早い逆襲は、「それでは、あなたは結婚して 2人以上の子供をもちたいという多数の若者の意識が、『健全』 じゃないとでも言うのか?」 と、問いつめるだけで十分だろう。

言いがかりには言いがかりで反撃されやすいことぐらい、広告批評などでキャリアの長い天野氏のことだもの、きちんと理解しておいでのはずなので、笑って受け取っていただけると思う。

少子化防止のために出生率を上げたいという、それ自体は突飛でもなんでもないどころか、むしろ多くの人に望まれていることを、自身もまた希望している政治家の発言なのだから、「健全」 という言葉を使うぐらい、むしろ当然なんじゃなかろうか。

繰り返しになるが、それが唯一の健全なあり方で、それ以外は不健全だと言っているわけでもないんだし。

言ってもいないことを 「言われた」 と感じるのは、それはむしろ、感じた人自身の感性の働きによるところが大きい。天野氏は、「失言というより、彼の人生観、社会観が出たんだろう」 と非難していらっしゃる。それだけに、天野氏の発言もまた、そのままの形で非難されても仕方がないのである。

「"健全" ということにもいろいろな形がある」 というごく当たり前のことを理解できず、たった一つの状態しか 「健全」 と認めないという、非常に矮小で窮屈な考え方なので、柳沢氏への非難というより、彼の人生観、社会観が出たんだろう。

あるいは、今回の批判の大多数は、政治的な立場から、こういう時だけ意識的に矮小なことを言い出しているに過ぎないのかもしれない。しかし、そういう変にポリティカルな人を、私は決して信用しないと言っておこう。

で、ここまで言っておいてなんだけれど、まあ、要するに、結論的には、柳沢さんには、しばらく何にも言わないで、あくびすらもしないで (参照)、おとなしくしててもらうのがいいみたいなのである。(眠くなるのは十分理解できるけど、状況が状況だけに、この人やっぱり脇が甘いみたいだ)

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「産む機械発言」 という装置の新たな機能 | トップページ | 笑いの取れるオチがつかないものか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ハクオちゃん、ほんっと政治家としてドジだと思います。

「2人=健全か否か」よりも、この人のこの発言のこのタイミング、「あちゃー またやってもーたよ」と思われても仕方ないですね。子供を望めないわたしとしては気に障るオッサンですけど、発言の内容よりも、政治家として発する言葉への無神経ぶりが「おいおいだいじょうぶかよ?」と思わせます。

投稿: sato | 2007/02/07 01:18

sato さん:

>発言の内容よりも、政治家として発する言葉への無神経ぶりが「おいおいだいじょうぶかよ?」と思わせます。

それは確かにあるのよね。
だから、黙っててもらいたいと。

ただ、黙ってても、無神経さが顔にまで現れてるのが問題といえばまた問題で… ^^;)

投稿: tak | 2007/02/07 07:52

「それ以外は『不健全』である」と……言ってるんじゃないですかね、結局は。

という趣旨の記事を準備中なので、できたらトラックバックさせていただきます(^^;

投稿: やまべ | 2007/02/07 19:48

やまべ さん:

>「それ以外は『不健全』である」と……言ってるんじゃないですかね、結局は。

それに近いことを思ってはいるかもしれませんが、少なくとも言ってはいません。
法治国家なのですから、このあたりは、きちんと区別しなければならないと考えます。

批判するなら、(誘導尋問的にでも) きちんと言わせておいてからでないと、共謀罪に反対することもできないと思うのです。

とはいえ、トラバお待ちします。

投稿: tak | 2007/02/07 20:37

いかん、2本TBが飛んでしまった……m(__)m

投稿: やまべ | 2007/02/08 17:05

やまべ さん:

1本消しておきますので、よろしく。

投稿: tak | 2007/02/09 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13812004

この記事へのトラックバック一覧です: そりゃもう 「言いがかり」 だろうよ:

» 「言いがかり」だろうか? [水沫日記その2]
柳沢厚労相の再度の「問題発言」について。 あえて、「踏み絵」を踏んでみようと思う... [続きを読む]

受信: 2007/02/08 17:04

« 「産む機械発言」 という装置の新たな機能 | トップページ | 笑いの取れるオチがつかないものか »