« Vista の売れ行き | トップページ | 「ホッピー」 というものを試してみた »

2007/02/22

「おふくろさん」 騒動の読み方

森進一が 「おふくろさん」 の歌い出しで 30年来やってるクッサいセリフ (業界用語で 「バース」 というらしい) の件で、作詞者の川内康範氏ともめているのだそうだ (参照)。

著作権については、解釈次第でビミョーなところだろう。それよりも、この騒動、いろいろな見方をすることができる。

まず、著作権についての考え方だが、上記で紹介したサンスポの記事中で板倉宏教授が述べているように、著作権法では 「著作物の同一性を守る権利が認められており、著作権者が認めていないのに歌詞にない言葉を足すことは著作者人格権の侵害にあたる」 ということがある。

しかし、「おふくろさん」 のクッサいセリフについては、「歌詞の改変」 というよりは、「前振り」 みたいなものと解釈することもでき、いわば、歌謡ショーの司会の浜村淳の名セリフを自前でやっているようなものと言ってしまえば、目くじらを立てることもないだろう。この点で 「ビミョー」 というしかない。

首をかしげてしまうのは、川内康範が、直接問題視している 「おふくろさん」 以外にも、自分の作詞した歌は森進一に歌わせないと言っている点だ。作詞家は、「改変した歌を歌わせない差し止め請求」 をすることはできるが、他の歌まで歌わせないというのは、少なくとも法律的にはやりすぎだ。

川内氏がここまで言い出すことの背景は、歌謡曲というのは、作詞家・作曲家先生が、歌手に 「下賜」 するものだという風潮である。この世界では、歌手は師匠からありがたく押し頂いた (あるいは押しつけられた) 歌を歌うもので、歌うにあたっては、自由な解釈をしちゃいけなもののようなのである。

最近では、自分で作って自分で歌うのが当たり前になっているので、ちょっと理解しにくいことだが、以前は、日本の音楽業界では、カバーバージョンをレコーディングすることすら、なかなか大変なことだったようだ。「○○先生が△△に賜った曲」 ということで、いわば師弟による暗黙の独占権が認められていたのである。

だから、今回の問題も、作詞家先生がヘソを曲げてしまうと、「俺の歌は、あいつには歌わせない」 なんてことになる。要するに 「破門」 だ。

ビジネスライクに考えれば、著作権料さえ払えば誰が何を歌おうと勝手なのだが、日本の芸能界というのは、なかなかそうは行かないもののようなのだ。破門されちゃうと、師匠に頂いた歌を歌うことができなくなる。素人はカラオケでいくらでも歌えるのに。

そして、今回の問題には、単に著作権の視点ではない読み取り方もあるようなのだ。何だかややこしい話だが、前妻である森昌子側の陣営がプレッシャーをかけているというのである。

これについては、あんまり馬鹿馬鹿しくて書く気にもなれないが、まあ、あり得る話ではあるのだろうね。なかなか面倒く、付き合いきれない世界のようなのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« Vista の売れ行き | トップページ | 「ホッピー」 というものを試してみた »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/14003416

この記事へのトラックバック一覧です: 「おふくろさん」 騒動の読み方:

» 森進一 おふくろさん [森進一 おふくろさん]
森進一が「おふくろさん」を歌えない??なにがすごいかって、作詞家の大御所の「耳毛」がすごい…。あそこまで、耳毛を堂々とはやしているおかたをはじめてみた。 [続きを読む]

受信: 2007/02/22 05:48

» 忘れてました・・ [healthymania's blog]
森進一「おふくろさん問題」門前払い  歌手森進一(59)が23日、代表曲「おふくろさん」の歌唱禁止を訴えている作詞家川内康範氏(86)の滞在するホテルを訪問した。正午前から約1時間。ホテル支配人が森の代わりに何度か部屋へ足を運んだが、川内氏が出てく...... [続きを読む]

受信: 2007/02/24 22:36

» 川内氏、未だ怒り収まらず…「おふくろさん」セリフ騒動 [速報!芸能ニュース&うわさ話&スポーツ情報]
やはり筋を通すところは、通さないとえらい目にあうということですね。 歌手、森進一(59)の代表曲「おふくろさん」のイントロ前に作詞家の川内康範氏(87)に無断でせりふが足されていた問題で、森の所属事務所の関係者は26日、東京都渋谷区にある森の自宅前に集まった報道陣に対し、川内氏側から連絡があったことを明かした。... [続きを読む]

受信: 2007/02/28 01:15

« Vista の売れ行き | トップページ | 「ホッピー」 というものを試してみた »