« 笑いの取れるオチがつかないものか | トップページ | 「オリコン」 って、よく知らないけど »

2007/02/09

「どっこいしょ」 って、言っちゃう?

先日お昼の TBS ラジオで、「椅子に座る時、"どっこいしょ" って言っちゃう? 言わない?」 という調査をしていて、結果は、言っちゃう 44%、言わない 56% だった (参照)。

これはややショック。私は疲れてる時なんか、よく言っちゃうし、立ち上がる時なんか、疲れてなくてもつい言っちゃったりするけどなあ。

番組では実にいろいろな意見が紹介されていた。その中には 「どっこいしょ症候群」 なんていう初耳の言葉もあって、ますますショックだったのである。「どっこいしょ」 の言葉が出だしたら、足元の筋力が低下している証拠で、人生における黄色信号なのだという。

それが本当だとしたら、私なんか、子供の頃から 「人生における黄色信号」 が出っぱなしということになる。「どっこいしょ」 以外にも 「よいしょ!」 とか、「うりゃ!」 とか、「がるる!」  とか、いろんなかけ声を最大限に活用してきているぞ。

これとは別の視点から、「医学的にはいいことで、掛け声を出すことで、体にこれから起きる負荷を覚悟させるアナウンス効果がある」 という指摘もあった。そういえば、ハンマー投げの室伏選手とか、卓球の福原愛ちゃんなんかも、ここぞという瞬間には 「どっこいしょ」 じゃないけど、声が出てるもんなあ。

番組によると、「どっこいしょ」 の語源には二つの説があるという。一つは 「六根清浄 (ろっこんしょうじょう)」 で、山登りの行をするときに唱える言葉 (元々は仏教用語だが) が 「どっこいしょ」 に変化したという説。

二つ目は、「何処へ!」  という感動詞から来たというものだ。江戸時代以前にはよく使われていて、相手の発言や行動をさえぎる時に使う言葉だったという。「どっこい、そうは問屋が卸さねぇ!」 なんていう使い方に変化し、さらにかけ声にもなったらしい。

「どっこい」 が 「どっこいしょ」 になったのは、明治以後だなんてことも言われているようだ。歌舞伎十八番 「暫」 なんかでは、主人公の鎌倉権五郎景政が、「ヤットコトッチャァ、ウーントコナァ!」 なんて言ってるし、「アーリャ、コーリャ」 なんていう化粧声という声もかかったりするけれど、確かに 「どっこいしょ!」 とは言わないなあ。

なるほど、「どっこいしょ」 の歴史は、それほど古いものではないようだ。そういえば、「よいしょ」 なんてのも、「どっこいしょ」 から来てるんだろうか。「よいしょする」 なんて動詞になると、また別の意味だし。

かけ声に戻るが、私なんかは、独自の基準というわけじゃないが、ちょっとしたバロメータみたいな感覚を持っていて、「どっこいしょ!」 と一息で言えれば問題なしだが、これが 「どっ・こい・しょー」 と三拍になってしまうのは、「あぁ、俺って、相当疲れてる!」 と自覚してしまう時である。

これが、「どぉーっ・こぉいぃ・しょおっとっとっと! ひぃひぃひぃ!」 なんてことにならないように、せいぜい気を付けようと思うのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 笑いの取れるオチがつかないものか | トップページ | 「オリコン」 って、よく知らないけど »

心と体」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。がんなむぅです。

重量挙げの選手には、口を真一文字に歯を食いしばり息を止めて持ち上げる人と、「ウヤァー!」と息を吐きながら持ち上げる人といます。

体に対する負荷で発生する『乳酸』が溜まりにくいのは、息を吐きながら持ち上げる方が良いそうなので、『ドッコイショ!』は、必要ナノかも。

>山登りの行をする

いかにも、乳酸が溜まりそうな行ですね。

投稿: がんなむぅ | 2007/02/09 13:02

がんなむぅ さん:

剣の修行でも、「えい、やっ、とぉー!」 なんて言いますね。
ブルース・リーの 「アチョー!」 なんか、すごいし。

ありゃ、乳酸対策だったのか。

投稿: tak | 2007/02/09 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/13841098

この記事へのトラックバック一覧です: 「どっこいしょ」 って、言っちゃう?:

« 笑いの取れるオチがつかないものか | トップページ | 「オリコン」 って、よく知らないけど »