« 「マイ箸」 について再び考察 | トップページ | Outlook Express を何とかしてくれ »

2007/03/05

K-1 の 3試合観戦記

近頃の K-1、つまらんなんて言いながら、ついまたテレビ観戦してしまった。格闘技中毒である。ただ、見始めたのが 9時頃からだったので、一番の好勝負だった (らしい) カラエフ 対 バダ・ハリ は見逃してしまった。残念。

で、見たのは 武蔵 対 藤本、バンナ 対 澤屋敷、シュルト 対 セフォー の 3試合のみ。

武蔵 対 藤本 は、もう初めから藤本が勝つと予想していた。武蔵はもう、とっくにピークを過ぎている。元々あまり威力のないパンチとキックのヒット・アンド・アウェイのみを武器に、ホームタウン・ディシジョンで勝ってきた選手なのだから、フットワークが衰えたら勝てる要素はない。

それにこの試合、本戦の判定がドローというのは、疑問が残る。終始攻勢だったのは藤本である。有効打のみを評価するという K-1 方式とはいえ、最終ラウンド終了直前のラッシュは十分に有効だったのだから、あれでドローはひどすぎだろう。

あのまま延長戦に突入したら、ブーイング必至だったが、角田審判長 (という立場だったっけ?) がリングに登場して、両者の消極的な戦法を熱烈批判。これで見事に判定への不満をそらしてしまった。

ちょっとわざとらしいギミックだったが、延長で藤本がミルコばり (ちょっとほめすぎ?) の左ハイキックで KO しちゃったから、まあ、結果オーライか。かなり複雑な気分だけど。

K-1  2戦目という澤屋敷がバンナに勝ってしまったのは、本当に本当に驚きだが、バンナは、左肩あたりの妙な湿疹ぽい痕といい、キックをまったく出せなかった動きといい、コンディションがかなりおかしかったのは確かだろう。

それに、澤屋敷のぐるぐる逃げ回ってカウンターだけを狙う戦法が、次からも通用するとは思えない。次に当たる対戦者は、カウンターを食わないように一応追いかけているふりだけして、相手の消極的姿勢をアピールすればいい。そうすれば、澤屋敷の減点ということになって、判定勝ちできる。

シュルト 対 セフォーは、さすがに体力差でシュルトの勝ち。シュルトは、昨年は体がぶよぶよで動きも鈍く、ピークを過ぎてしまったのかと思わせたが、今回は少しだけ締まっていた。とはいえ、全盛期の動きじゃない。

モチベーションがかなり低下しているんじゃあるまいか。だから近頃の彼の試合は、とてもつまらないのだ。

ああ、PRIDE が見たいなあ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「マイ箸」 について再び考察 | トップページ | Outlook Express を何とかしてくれ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/14136218

この記事へのトラックバック一覧です: K-1 の 3試合観戦記:

» K-1 WORLD GP 2007 横浜 [テニスそしてスキー]
3月4日、横浜アリーナで K-1 WORLD GP 2007が行われた。 試合は、ダウンの応酬やノックアウトシーンが多く、興奮しました。 [続きを読む]

受信: 2007/03/05 23:23

« 「マイ箸」 について再び考察 | トップページ | Outlook Express を何とかしてくれ »