« 「読み逃げ禁止」 と 「いじめ」 | トップページ | ペコちゃんの恩を、忘れるんじゃないよ »

2007/03/24

潮来の空気の中に時間は止まる

私が現在居住する茨城県には、潮来市というところがある。あの 「潮来の伊太郎」 の登場する 「潮来笠」 に歌われた潮来である。「潮来花嫁さん」 というのもあった。

実は、私は昨日もこの潮来市に仕事がらみで行ってきたのである。行く度に思うのだが、ここは不思議な街なのである。

潮来というのは、NHK ニュースなどに登場するときには決まって 「水郷観光で有名な」 という枕詞が付くぐらいなので、大層観光の盛んなところと思われているフシがあるのだが、行ってみると、これほどやる気のない観光地というのも珍しい。

私は縁あって何度か潮来を訪問しており、たまたま 「あやめ祭り」 の真っ最中に行ったこともあるのだが、そんな時でも、観光客なんて、いるのかいないのかわからないぐらいである。「どっと繰り出した観光客」 なんていう状況は、一度も目撃していない。

JR に 「潮来」 という駅もあるのだが、この駅にしても、ただ単に、電車の止まるところというだけのことで、とくに観光をフィーチャーしているようには思われない。この街の観光産業なんて、本当に成立しているのかいないのか、心配になるほどである。

水郷観光の雰囲気をよく表現しているサイトがあったので、リンクさせていただこう。こちら である。写真ページを順番にクリックしていくと、あまりにものんびりした、日本の国とも思われない空気が伝わってくると思う。

せっかく 「潮来笠」 という一大財産があるのだから、駅前に 「潮来の伊太郎」 の銅像でも建てておけばよかったのにと思っていたら、駅前にではないが、最近建てられたのだそうで、ググってみたら、なるほどあった (参照)。ちなみに、「潮来花嫁さん」 の方も、これとセットになって建てられたようだ (参照)。

「潮来笠」 も 「潮来花嫁さん」 も、昭和 35年のヒット曲である。それから 45年も経った一昨年に、突然思い出したように、潮来市内の前川あやめ園というところに、お揃いで銅像が建てられたというのが、何ともはや、完全に時期を逸している。

いや、時期を逸したとみるのは、部外者の視点にすぎず、実は潮来の空気の中では、45年前なんて、ほんの昨日のようなものなのかもしれない。うむ、きっとそうだ。そうに違いない。

それは、一度行ってみて、潮来の空気を吸ってみれば、なるほどと理解される。潮来の街はそれ自体、不思議なタイムカプセルである。特殊な時空間なのである。行けばわかる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「読み逃げ禁止」 と 「いじめ」 | トップページ | ペコちゃんの恩を、忘れるんじゃないよ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

リンクありがとうございます。
潮来はおもしろいところですねえ。
あの近辺、だいすきです。
また機会があったらいってみたいです。
ぼくのブログからもリンクさせていただきます。

投稿: osa | 2007/03/24 01:15

リンク飛んで全部見ました。ウケた。(笑)
takさんの話題は広い!これだから毎日拝見やめられません。^-^

投稿: banan=budapestlife | 2007/03/24 07:44

osa さん:

さっさくのご返事、ありがとうございます。
記事中でリンクまでしてくださり、感謝です。

潮来周辺は、本当に「不思議感」がありますね。
潮来に限らず、探せば日本のあちこちにあるんでしょうけど。

それでも、「日本中にその名を知られていながら、誰も足を運ばない観光地」 というテーマでランキングしたら、多分、潮来がトップに来るでしょう。

それだけでも、貴重な文化遺産です。
今後も、過剰な賑わいをみせず、ひっそりと続いてもらいたいと思います。

投稿: tak | 2007/03/24 09:26

banan=budapestlife さん:

> takさんの話題は広い!

広すぎてとりとめのないのが、問題といえば問題なんですよね ^^;)

投稿: tak | 2007/03/24 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/14365759

この記事へのトラックバック一覧です: 潮来の空気の中に時間は止まる:

« 「読み逃げ禁止」 と 「いじめ」 | トップページ | ペコちゃんの恩を、忘れるんじゃないよ »