« 受話器のコードのグルグル | トップページ | バスタオルを洗う頻度 »

2007/04/08

「時間」 を巡る冒険

「物理のカリスマ」 とまで言われる橋元淳一郎氏の 『時間はどこで生まれるのか』 (集英社新書) を読んでいる。物理の用語で 「禅」 が語られているような印象の本である。

私は 「時間」 ということがよくわかっていないと自覚している。「現在」 ということすら、そんなもの、実際にあるものかという気がする。

例えば、「スピッツァー望遠鏡が捉えた、美しい輝きを放つ星の生と死の舞台」 というウェブページがある。NASA の赤外線宇宙望遠鏡スピッツァーが、星の爆発の残骸 Henize 206 の美しく光輝くちりやガスを捉えたものだ。

この星雲は、「数百年前に起きた星の爆発によって誕生したもの」 で、その中には、「生まれたばかりの星が数多く存在している」 と説明されている。しかし、この 「数百年前に起きた星の爆発」 というのがくせ者で、そもそも、この Henize 206 というのは、16万 3千光年離れた大マゼラン雲にある。

ということは、我々が 「今」、最新鋭の宇宙望遠鏡で観測しているのは、16万 3千年前に起きたものということになる。それを、現在進行形で観測しているわけだ。宇宙の彼方で、「数百年前に起きた星の爆発」 で生成された状況という、その 「数百年」 という時間は、「16万 3千年」 という圧倒的な長さの時間によって、あっさりと裏切られている。

こうした 「時間の裏切り」 が推定されるのは、我々と Henize 206 の間に、天文学的距離が存在するためだという気がする。しかし、それほど遠くない距離、例えば、「私」 と 「あなた」 の間ですら、ほんのわずかだろうが、「時間の裏切り」 は発生する。

夫と妻、恋人同士の間ですら、「時間の裏切り」 は常に発生していて、それが積もり積もって、喜劇や悲劇が生じる。

いや、まてよ、距離という概念ですら、相対性理論や量子論の世界では無意味なのだという。時間や空間は、無意味なのだ。宇宙の遙か彼方にある Henize 206 を前にして、「今」 という概念が無意味であると知れば、「時空」 ということのナンセンスさも、なんとか実感される。

『般若心経』 では、「色即是空、空即是色」 というテーゼがある。ふぅむ、物理学がニュートンの呪縛に捉えられるずっと以前に、仏の教えは時空の無意味さにとっくに気付いていたもののようだ。

未だ生まれたこともなく、滅したこともないという如来の悟りが、宇宙の彼方から自分の脳裏に貫かれるほどの輝きを持ち始める。やっぱり、仏教は大乗までたどり着かなければ、本物じゃないのだと思う。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 受話器のコードのグルグル | トップページ | バスタオルを洗う頻度 »

哲学・精神世界」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします。がんなむぅです。

 一喜一憂を、素直にできる『子ども』が、最強ということでしょうか?

 その場を真剣に、全力で生き抜くことを、今私はできているのでしょうか?


 とりあえず、目の前の、やらなきゃならないこと。

 「投票」行ってきます…。

投稿: がんなむぅ | 2007/04/08 10:17

がんなむぅ さん:

「その場その場」 の 「その場」 が、「今」 なのでしょうか?
「その場」 を 「今」 と認識する、そのわずかな瞬間的ズレの間にも、光は 何万キロもの彼方に失われてしまっているということです。

「今はない」 と考えるほかありません。

「時間軸の中での今」 がないならば、我々は、「もっと別の今」 を生きなければなりません。「永劫の今」 とでも言いましょうか。

今日、選挙に行けた人は、幸運ですね。茨城県では、知事選も県議会議員選挙もありません。昔の不祥事で、ずれてしまいました。

投稿: tak | 2007/04/08 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/14596862

この記事へのトラックバック一覧です: 「時間」 を巡る冒険:

« 受話器のコードのグルグル | トップページ | バスタオルを洗う頻度 »