« 人間如何に死すべきか | トップページ | 自分だけの都合による偏見 »

2007/04/25

データの背後にある見えない事実

厚生労働省研究班の調べによると、自殺した人や、しようとした人の 8割は、事前に家族や友人に相談していなかったという。そして、9割は最初の試みで死んでいる。(参照

これによって、「覚悟の自殺が多い」 と結論付けているのだが、このデータだけでは、必ずしもそうとは言い切れないと思う。

というのは、調査をしたのは、自殺を図って本当に死んでしまった人の遺族や関係者、そして自殺未遂者だけのようだからだ。これでは、自殺しようとは思ったが、事前に誰かに相談して、いい助言を得られたために自殺に踏み切らなかったという人のデータが、反映されていない。

自殺を考えたけれども、とても親身のアドバイスのおかげで、未遂にも至らずに、頑張って生き続けてみようと思った人というのは、かなりの数に上ると思う。しかし、それはデータの背後に隠れて、見えない数字になっている。

だから、日本人が誰にも相談せずに一人だけで思い悩んで、「覚悟の自殺」 を孤独に決行してしまう傾向があるとは、言い切れないのだ。

ニュースでは、「米国の研究では、自殺を図った人の約 2割が、その直前 1カ月間に精神科を受診しており、日本と大きな差があった」 としている。これも裏から読めば、米国では 1ヶ月以内に精神科をj受診しても、自殺を思いとどまるに至らなかった人が 2割もいるということで、これはこれで大問題だと思う。

データというのは、解釈のしようでどんな結論でも導き出せる。ちょっと気をつけなければならない。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 人間如何に死すべきか | トップページ | 自分だけの都合による偏見 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。がんなむぅです。

 会社組織に所属していた当時、日常の事象に対する作業員の安全確保の行動について、たった4回調査して『当事業所は7割5分から10割の達成率』として、報告書作ってました。


 結果を読ませたい対象に応じて、解釈を誘導する様なセンテンスがくっついていることがあります。

 最近、テレビで報道される『世論調査』には、その手法が色濃く反映されている気がしてなりません。

投稿: がんなむぅ | 2007/04/26 15:59

がんなむぅ さん:

うぅむ、『当事業所は7割5分から10割の達成率』というのは、なかなかガンチクのある表現ですね。

最大限に好意的にみれば、「完全に近い安全」 で、逆にみると、「4回に 1回はヤバイかも」 ということでしょうか ^^;)

>最近、テレビで報道される『世論調査』には、その手法が色濃く反映されている気がしてなりません。

世論調査というのは、回答の選択肢の設定でどうにでもなるものだと思います。

投稿: tak | 2007/04/26 19:16

世論調査というか、世論操作というか・・・

確率統計を少しでも学んだ者からすると鼻水が出そうな事を
平気で言いますからね。
 ・調査対象(母集団)の数量は充分に大きいか
 ・調査対象が既にある条件によって絞られていないか
 ・結果有りきの偏見がないか
 ・条件付けがおかしくないか
ぐらいは見なければいけません。

で、問題の調査から判ることですが

「亡くなった人のうち、未遂歴のある人は1割程度」
これは「自殺した人の内、それまでに見つかった事がある人が1割」
という事です。
何度も未遂をしているのに誰も気付かなかった、という場合もあります。

「センターに運ばれた未遂者1516人」
未遂者は、自殺に失敗した人です。
つまり、いい助言を得られた人だけではなく、
自殺を達成した人の声も反映されません。
つまり、母集団としては完全ではありません。

「亡くなった209人の遺族」
遺族の方々には酷な言い方ですが、裏を返すと
「自殺に気付かなかったか、止められなかった方」
とも言える訳です。
やはり、母集団としては完全ではありません。

こういった調査より、むしろ
「自殺を考えたことがあるが、自殺しなかった人は
 どんな理由で自殺をしなかったのですか?」
の方が、よっぽどためになると思いますが・・・。

投稿: bono | 2007/04/27 13:53

bono さん:

真っ正面からのご指摘、ありがとうございます。m(_ _)m
勉強になりました。

投稿: tak | 2007/04/27 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/14841657

この記事へのトラックバック一覧です: データの背後にある見えない事実:

« 人間如何に死すべきか | トップページ | 自分だけの都合による偏見 »