« 亡き母への 「母の日プレゼント」 | トップページ | 私には 「霊感」 というものが多少あるらしい »

2007/05/16

「虫の知らせ」 って、どうやらあるみたいだ

母が 10日に亡くなり、12日に通夜、13日に葬儀を執り行ったので、14日に予定していた奈良への出張は急遽中止した。

当初の予定では、奈良で仕事をこなした翌日の 15日は、たまたま 1日だけぽっかりと空いていたので、室生寺辺りを見物して帰ろうと、かなり楽しみにしていたのである。

先月から土日祝日も仕事の予定が入って、休みが取れず、ゴールデンウィークもどこにも行けなかったため、14日に出張の予定が入り、翌日がエアポケットのように空いていることを発見した時は、「やった!」 とほくそ笑んだのであった。「この空白の一日は、思いっきり仕事から逃亡しよう」 と。

萌野の和歌日記」 の萌野さんから、今の季節は室生寺辺りがきれいと推薦してもらい、室生寺なら、ずっと前から行ってみたいと念願していた所なので、かなりルンルン気分だった。

ところが、日が経つにつれてそのルンルン気分が消えて行くのである。ホテルやレンタカーの手配も、何故かする気になれない。予定まで 1週間を切った先週の 8日に、ようやくインターネットで予約したのだが、何だか全然気分が乗らないのである。

せっかく推薦していただいた室生寺だが、「行くと言った手前、行かなきゃいかんだろうなあ」 なんて、萌野さんには申し訳ないような気分にまでなってくる。旅好きの私としては、こんなことは今まで一度もなかったのに。

そうこうしているうちに、10日に母が急に亡くなったという知らせが入った。それで、あの妙な気分は、母からの 「虫の知らせ」 と思い当たったのである。「お前には悪いけど、今度の旅は、行けないからね」 というメッセージだったようだ。

実家に帰ったら、父も予科練の集まり (いわば戦友会みたいなもの) の知らせが入ったのに、なぜか行く気がせず、欠席の知らせを出していたそうだ。毎年、あれだけ楽しみにしていたのに。妙な気分になっていたのは、私だけではなかったわけだ。

母の中の潜在意識は、既に自分の寿命を知って、身内にそれとなくテレパシーを送っていたのかもしれない。私は、こういうことは案外信じてしまう方なのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 亡き母への 「母の日プレゼント」 | トップページ | 私には 「霊感」 というものが多少あるらしい »

哲学・精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/15080455

この記事へのトラックバック一覧です: 「虫の知らせ」 って、どうやらあるみたいだ:

« 亡き母への 「母の日プレゼント」 | トップページ | 私には 「霊感」 というものが多少あるらしい »