« 動物的ヘジテーション感覚 | トップページ | 「カンタンケータイ」 への疑問 »

2007/05/31

日本はまだまだ 「安全」 か?

先日、広島出張から帰る際に、いかにも日本ならではの光景を目撃してしまい、感動すればいいのか、呆れればいいのか、自分でも判断がつかなくて、固まってしまった。

それは、広島駅のトイレでの出来事である。一人の中年男性が、キャスター付きスーツケースを引っ張って入ってきた。

それは、5泊以上の海外旅行用といった大きなスーツケースというわけではなく、せいぜい 1泊用の小型のパックである。彼は、そのキャスター付きパックを、洗面所の隅に置いて、自分は 「大」 の方の用を足すために、個室のドアの中に消えた。

つまり、彼は大事な荷物をトイレの洗面所 (つまり、ドアの外) に放置して、呑気にウンコしていたわけである。

私は自信を持って断言するが、日本以外の多くの国の大都市でこんなことをしたら、100%近い確率で彼の荷物は盗まれてしまうだろう。何しろ、海外に出たら、荷物を自分の足元に置くときですら、両足の間に挟むように置かないと、安心できないくらいなのだから。

あるいは、盗まれずに済むとしても、持ち主不明の不審な荷物として通報されて、爆薬処理班の出番になってしまいかねない。いずれにしても、ただでは済まないのである。

それにしても、日本は平和で安全な国である。荷物をトイレの一画に放置してウンコしていても、誰もそれを持ち去ったりしないのだから。

しかし、こうも思う。今や、日本だってそれほど安全な国じゃなくなってしまった。あんなことをしたら、日本でだって、荷物を持ち去られてしまう確率が、15%か 20%ぐらいには高まっているんじゃなかろうか。ウンコの最中に荷物を個室のドアの外に放置するというのは、今や、一種のギャンブルに近い行為なんじゃあるまいか。

持ち去られてしまう確率が、50%に近くなったら、誰もウンコで荷物放置なんてしなくなり、そして日本人の振る舞いも国際標準に近くなり、その結果、「平和ボケ」 なんて言われなくなるのだろうが、それはそれで、悲しいことではある。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 動物的ヘジテーション感覚 | トップページ | 「カンタンケータイ」 への疑問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。がんなむぅです。

 先日、徳島空港で同じ様な経験をしました。
 アタクシどもは2時間先の出発のため、暫くロビーで「ぼーっ」としているところです。

 ロビーの待合イスに、ポツンと置かれたビジネスかばん…。

 気になり始めてから40分経過です(1便出発したあとだし)。なんとなく、空港の警備員さんに声をかけ、暫く事態を見守っていると…。

 職員さんや追加の警備員、ついに徳島県警までご登場です!

 総勢5名(まぁ、そんなに大騒ぎでもなかったのですが…)による、かばんの中身検査の最中、ロビー(建物)の外で携帯電話で話しているオッサンが慌てて飛び込んできました!

 まぁ、そのオッサンの持ち物と判明し、オッサン平謝り(の割には携帯会話継続中)。

 着目点は、そのオッサン、終始携帯会話をやめなかったことです。


 失礼しちゃう!

投稿: がんなむぅ | 2007/06/01 09:37

がんなむぅ さん:

すごいお話ですね。

いくら部外者の立ち入りにくい空港ロビーでも、40分も放置したら、盗まれなくても、騒ぎにはなりますよね。

まあ、ケータイしながら謝るようなオッサンだから、そんなことも平気でするんでしょうけど。

投稿: tak | 2007/06/01 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/15261995

この記事へのトラックバック一覧です: 日本はまだまだ 「安全」 か?:

« 動物的ヘジテーション感覚 | トップページ | 「カンタンケータイ」 への疑問 »