« 「フェアトレード」 という行き方 | トップページ | ラニーニャ発生 - 当たりそうな 「しっくり感」 »

2007/06/11

PC と落雷被害

この 2~3日、昨年 7月 15日のエントリー 「落雷でパソコンが死んだ」 にアクセスが集まっている。もしかしたら、同じ被害に遭った人が多いのかもしれない。

このところ妙に雷が多くて、とくに昨日なんかは、やたらとゴロゴロ鳴っていた。あちこちで落雷被害もあったらしい。

「落雷/PC」 のキーワードでググってみたら、やや古いニュースだが、Japan.internet.com の記事が見つかった。情報機器への落雷対策について調査で、「全体の 80.6%が雷被害については知っているものの、具体的な対策を取っているのはわずか 19%」 ということがわかったというのである。

このニュースの日付は、2005年 7月 15日。奇しくも、私のパソコンが落雷で死んだちょうど 1年前である。ああ、こんなことなら、もうちょっとしっかりと意識していればよかったと、悔やんでも遅い。

落雷被害から PC その他の情報機器を守るには、ただひとえに、雷がひどくなったら、電源をコンセントから抜くことだ。しかし、雷のサージは電源コードから進入するだけではない。インターネット回線からも入ってくる。だから、ネットワーク接続のケーブルも抜かなければならない。

昨年、私のパソコンが死んだケースでは、パソコン本体の電源ユニットと、LAN カードの両方が死んでいた。つまり、電源とインターネット回線 (当時は ADSL) の両方からものすごい電圧がかかったということである。インターネット回線から入ったので、当然、ルーターも死んでいた。

それに、「マーフィーの法則」 のいう通り、間の悪いことは間の悪いタイミングで起こるもので、私はその時、パソコンの電源を抜き忘れて、2泊 3日の帰郷をしていたのである。私は 1泊以上の留守にするときには、必ずパソコンの電源を抜いておく習慣なのだが、その時に限って、休止状態にしたまま、電源をつなぎっぱなしだったのである。

電源さえ抜いておけば、ルーターと LAN カードの損害だけで済んだのに。おかげで、新品の DELL を買って、予期せぬ散財だったのだ。

とまあ、高い授業料を払ってしまったが、昨年死んだパソコンは、今年春に、電源ユニットと LAN カードの交換で、ついに生き返ったのであった。不幸中の幸いで、マザーボードまではいかれていなかったのだ。

生き返ったパソコンは、今、階下のリビングルームで、家族用のパソコンとしてしっかりと活躍してくれている。以前の家族用は私の大昔のお古で、気が遠くなるほど動作がのろかったので、生き返ったパソコンを使う家族は、ハッピーである。

というわけで、世の中、何が幸いするかわからないのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「フェアトレード」 という行き方 | トップページ | ラニーニャ発生 - 当たりそうな 「しっくり感」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

「抜く」に勝る雷対策はありませんが、
こんな商品もありますよー。
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TAP-SPTEL2&cate=1

投稿: bono | 2007/06/12 09:07

bono さん:

雷ガードのご紹介、ありがとうございます。

ただ、私の場合、これに類したものをかませてたんですが、やられちゃいました。

本当に至近距離に落雷してしまうと、役に立たない場合もあるみたいで、過信は禁物です。やっぱり、電源を抜くのが一番のようですよ。

投稿: tak | 2007/06/12 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/15389841

この記事へのトラックバック一覧です: PC と落雷被害:

« 「フェアトレード」 という行き方 | トップページ | ラニーニャ発生 - 当たりそうな 「しっくり感」 »