« 鹿児島弁の都市伝説 | トップページ | なんとまあ、55歳になってしまった »

2007/07/25

ネット選挙、みんなで渡れば恐くない

NB Online で、「公選法、ネットでなし崩し」 という記事が報じられている。

公選法では、選挙期間中に選挙運動として配布できる 「文書図画」 はビラやはがきに限定されていて、ウェブでの選挙運動はできないものとされていた。それが、「みんなで渡れば …」 式に、なし崩しになっているらしい。

私は今年 4月に "「連呼」 って、やっぱり迷信だと思う" というエントリーで、以下のように述べている。

要するに、この国では、「連呼」 に限らず、「選挙そのもの」 が迷信で成立しているようなものだ。現行の公選法こそが、最も強力な 「守旧ファクター」 だと言うほかない。

選挙って、かなり人間を興奮させるゲーム的要素を色濃く備えている。その一つが、「制約が多い」 ということで、多くの重箱の隅的な制約の中で、いかに網の目をくぐり抜けて 「うまくやる」 かが、成功の基準になっているところがある。

その 「うまくやる」 ための専門家 (「参謀」 とか 「コンサルタント」 とかいう存在) にとって、現行の公選法のばかばかしさは、「メシの種」 なのだ。公選法がきちんと常識的なものになって、ばかばかしさが消えてしまうと、彼らのメシの種もなくなる。

ところが、インターネットという要素は、彼らの理解を超えてしまっているがために、どうやら全然うまく扱えないらしいのだ。だから、彼らとしても 「取扱品目」 からはずしてしまったようなのだね。「こればかりは、どうも手に余ります」 ってなもんだ。

で、これまでは手探り状態だった各政党も、「こりゃ、みんなで渡れば恐くないぞ」 ってことがわかったようで、意味もなくタブーとされていた選挙期間中のコンテンツ更新を、堂々とやり始めたということのようだ。

実は、これまでだって抜け道はいくらでもあった。

ウェブのコンテンツ更新が 「禁止」 とされていたのは選挙期間中だけのことで、だったら、公示、あるいは告示の前日までに、言いたいことは全部アップしておけばよかったのである。

「立候補者」 としての 「公約」 などを載せるのはいけないが、「立候補予定者」 としての 「考え方」 を載せるのは、OK だったのである。で、選挙期間中もコンテンツはそのままにしておけばいいから、選挙用の 「文書図画」 としての機能をほとんど果たしていた。

これって、本当にばかばかしいことなのである。こんなことで、警察との間で 「グレーゾーンの探り合い」 をするぐらいなら、さっさとインターネットによる選挙運動を認めてしまえばいいのである。

で、そのための 「手続き」 が、今始まっているようなのだね。何事も 「既成事実の積み重ね」 がものを言う世界だから。

当ブログの、この問題の関連記事一覧 (だんだん核心に迫っているかも)

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 鹿児島弁の都市伝説 | トップページ | なんとまあ、55歳になってしまった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

公選法に関連したニュースで
『参院選 有名人応援も「芸」はダメ!?』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000050-san-l11
も面白いです。
『選挙スタッフがハンドマイクで芸人の「18番」のせりふを連呼するという、何とも奇妙な応援に。』
現場に居たら私は爆笑しそうです。

投稿: コテハン | 2007/07/26 00:41

コテハン さん:

だから、「ウグイス嬢」 って、しゃべりがちょっと下手ぐらいじゃないといけないんですね ^^;)

投稿: tak | 2007/07/26 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/15894403

この記事へのトラックバック一覧です: ネット選挙、みんなで渡れば恐くない:

« 鹿児島弁の都市伝説 | トップページ | なんとまあ、55歳になってしまった »