« 民主党だって、結構ヤバイのがいる | トップページ | カール・ゴッチの死 »

2007/07/30

近頃 「いい目」 を見てなかった保守王国

せっかちな私なんかは、自民惨敗ムードに飽きてしまって、もう少し冷静になりたいと思い始めていたのだが、結果は、やっぱり 「自民大敗」 程度では済まず、「惨敗」 と出た。

今回の 「反自民ムード」、思った以上に根が深いようだ。これを単に 「逆風が強かった」 程度に総括したら、大間違いかもしれない。

民主党が大躍進したといっても、これまでの実績が認められたわけじゃない。自民党側にチョンボが続出して、批判票が大量に出ただけである。ただ、この批判票は 「一時的」 なものではないようだ。

中川幹事長は 「不規則発言や政治と金の不透明感など、最後までアゲンストの風を止めることができなかった」 と述べたという (参照)。「アゲンストの風」 ねえ。ゴルフ気分ですか。

今回が、たまたま 「逆風」 の一番強い時期だったというのは、多分当たっている。しかし、ほとぼりが冷めれば、次の選挙ではまたすっかり自民党に票が戻るかといえば、それは危ない。「アゲンストの風」 は、そんなに簡単には収まらないんじゃなかろうか。

というのは、これまで 「保守王国」 と言われた一人区で、民主党が勝ちすぎているのだ。これまでの日本だったら、いくら逆風が強くても、田舎の県でこんなにも自民党がボロボロに負けるなんてことは、あり得なかった。田舎のじいさんばあさんは、何はどうあれ、やっぱり自民党に票を投じていたのである。

ところが今回は、そのタガが外れた。これまで、何が何でも自民に票を投じていたじいさんばあさんの多くは、死なないまでも足腰が弱ってしまって、投票所に行けなかったし、その息子たちは、それほど自民にがんじがらめなほどの恩義なんて感じていないから、棄権か民主かに走った。

たとえ農家の生まれで、農協との縁は深くても、実は農業収入よりサラリーマンとしての収入の方が多いから、意識の半分以上は 「都市労働者」 である。毎月給料から税金がごっそりと天引きされているのだもの。

で、ここが最も大きな問題なのだが、彼らは近頃、「ちっとも、いい目をみていない」 のである。じいさんの代までは、田舎は結構いろいろな恩恵があった。補助金やら利権導入やらで、かなり 「いい目をみていた」 のだ。割を食うのは、もっぱら都会のサラリーマンだった。

ところがよく考えてみると、田舎は最近、全然いい目を見ていないのである。大都会との格差は広がるばかりで、さっぱりいいことがない。自民党が天下を取っているうちは安心だとばかり思っていたが、どうやら、この頃の自民党は 「改革」 なんてきれい事を言い出して、都会志向ばかりしているように思われる。

今度の選挙でも、安倍さん 「改革推進」 なんて腹の足しにならんことを言ってたが、そんなこと言っているうちは、田舎は浮かばれん。もう、自民党ばかりに忠義を尽くしていても始まらない。たまには民主党に票を投じてみせなきゃ、田舎がなめらなるばっかりだ。

地方の有権者がそう感じたとしても、まったく不思議じゃない。

というわけで、久間さんのちょんぼ発言や、赤城さんのみっともない姿や、年金問題の噴出など、一時的な 「逆風」 が収まれば、自民への信頼が戻るなんてことは、あまり期待しない方がいいように思われる。

「改革」 を推進しないことには、日本が危ない。しかし、それをやりすぎると、自民党が危ない。ある状況でうまくできすぎていたシステムは、その状況が変わると、とてつもなくしんどいことになる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 民主党だって、結構ヤバイのがいる | トップページ | カール・ゴッチの死 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。がんなむぅです。

数年前の『橋龍半ベソ』を彷彿とさせる、安倍総裁の表情を拝見しました。

本格的に「自民党をぶっこわす!」という話再燃となるのか、国民の期待に応え切れず”民主崩壊”伝説が始まってしまうのか、参院選とはいえそこそこ盛り上がりました。(我が岐阜県の投票率は61.47%でした←田舎だから?)

岐阜県は、テレビや新聞と、選挙ポスターとの『映りの違い』にびっくりした2人が当選でした。


未だに有権者の3割強に、選挙に感心を示さない輩がいることを素直に憂うと共に、モッタイナイなぁと考えちゃいます。

投稿: がんなむぅ | 2007/07/30 16:44

がんなむぅ さん:

我が故郷、山形県も、民主が取っちゃった一人区でした。
近頃、いい目見てないから。

現住所の茨城県は、民主と自民が分け合いましたが、民主の方が上でした。
多少はいい目を見てると言えば言えるかな? という程度の微妙さですね。

投票率はどのくらいだったんだろう?

投稿: tak | 2007/07/30 20:19

 農家の状況がどうも厳しいらしいと感じたのは、今年の正月頃でした。それが今回の選挙の分析を聞いて、ああ、本当にそうだったのか!、と思いました。増税でつらいサラリーマン、「いい目をみていない」農家、さらに公務員いじめとくれば、なるほど自民が負ける要素がそろうなあと理解できます。かといって、日本はこのままではヤバイというのも事実でしょう。食糧自給率が低いのも気になります。

<余談>
 ちなみに、冒頭の「農家が厳しいらしい」と聞いたのは、テレビの買い替えをめぐっての義父との会話から。「このテレビが2011年に使えなくなるって本当なのか?」。「そんな、テレビを買い換えられる家なんて、このあたりではないぞ!みんな農家で大変なんだから」。
 地デジ転換も、いわば景気回復策とひとつと称して、家電系業界の思惑が働いた結果のように思わざるを得ないのですが、これも道は険しそうだな。高所得者やテレビ大好きの人は買っているみたいですが…。

投稿: バードマン | 2007/07/30 22:48

でも、民主にまかせれば、経済的にいい目を見れる・・・わけでもないですね。
政治がよくなれば経済もよくなるというのは幻想でしょう。

投稿: alex99 | 2007/07/31 00:08

バードマン さん:

>なるほど自民が負ける要素がそろうなあと理解できます。かといって、日本はこのままではヤバイというのも事実でしょう。

このあたりが、閉塞感ですよね。

地デジ転換の期限は、多分、先延ばしになるでしょう。
ユーザーが追いつきませんから。

あれは、メーカーと政治の勝手というものです。

投稿: tak | 2007/07/31 01:05

alex さん:

>政治がよくなれば経済もよくなるというのは幻想でしょう。

経済がいいと、政治のアラが目立たない、というか、あまり責められないということでしょうね。

クリントンの時のアメリカがそうでしたよね。

投稿: tak | 2007/07/31 01:07

>経済がいいと、政治のアラが目立たない、というか、あまり責められないということでしょうね。

同感です。

僕は民主には入れなかったけど、今回の選挙の結果は受け入れます。
そして、できるなら、その「閉塞感」が少しでも楽になることを期待もします。変化を感じられるまでに2年は我慢しようと思っているけど、それでは「短気」ですかねぇ。

投稿: バードマン | 2007/07/31 21:48

バードマン さん:

私も、へそまがりですから、今回、民主には入れてません。
(死票になっちゃいました)

変化といえば、常に変化はしていて、今回のはとくに大きな変化だと思いますが、それが国民にとって明らかに都合のいい変化というわけじゃないので、なんとも言い難いですね。

ただ、「必要な過程」 ではあるんでしょう。この過程がないと、次の変化に到達できないという意味で。

投稿: tak | 2007/08/01 06:18

 今日、話題の農相が辞めましたけど、仮に自民が起死回生をはかろうとするなら、自民党が自分のところに溜め込んでいる金を「国民のために」として全部吐き出すとか、政党助成金を今後受け取らないとかいう宣言が必要なのではないでしょうか。領収書を示せない政党・議員関連団体に溜め込まれた金も含めれば、おそらく膨大な金額でしょう。増税分に匹敵するかもしれません。
 選挙の直前になって、全国紙に全面広告を出せる金を持っているわけですから(あの広告はびっくりした。お金持ちにしかできない技だ)。全面広告は1回につき数千万がかかかる聞いたことがあります。全面広告は、全国紙だけでなく、私のところに届いたフリーペーパーにも載っていました。
 政党助成金は我々の税金そのものですし、企業からの献金は、労働者を企業が安く使って得られた金も含まれているわけですから、つまりは国民から巻き上げたようなものだと思います。

投稿: バードマン | 2007/08/01 23:30

バードマン さん:

政治は金がかかるものとはいえ、各段階に相当貯めこまれているんでしょうね。表に出せない金も含めて。

しかも、その金の出入りは相当に激しいので、すべて領収書を取ったら、「何じゃ、こりゃ?」 というような用途がくさるほどあるんだと思います。

だからといって、この腐敗臭漂うシステムを、急に変えてしまうと、野党も含めて、「政界」 というのが機能しなくなってしまうんでしょうね。

政治の世界は常に 「後追い」 ですから、まあ、外から見たらイライラ、カリカリくるのは、昔から当然のことで、納税者としては、税金払ってストレスを背負い込むという、ばかばかしいことになります。

せいぜいストレスを溜めないようにしましょう。

投稿: tak | 2007/08/02 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/15941756

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃 「いい目」 を見てなかった保守王国:

« 民主党だって、結構ヤバイのがいる | トップページ | カール・ゴッチの死 »