« 「チャイナフリー」 を巡る冒険 | トップページ | トイレ友達とメール友達 »

2007/08/08

転生を許可制にしようとするおとぎ話

3日連続の中国ネタで恐縮だが、そのすごさに、あまりにも感動してしまったもので、つい取り上げてしまう。

例の 「転生」 の許可制導入ってやつである (参照)。すごい。ここまで露骨に政治が宗教を蹂躙する試みは、少なくとも近代史では類をみないんじゃあるまいか。

宗教はとくに我が国では、ややもすると因習的、前近代的なものとして、否定的な見方をされがちなのだが、メンタリティが近代に至っていないレジームでは、脱因習的、革新的なファクターとして機能することができる。

中国においては、歴史上、黄巾の乱、紅巾の乱、太平天国の乱など、宗教結社がレジーム・チェンジの重要な役割を果たしたことが幾度もあった。それだけに、現在の中国共産党も、気功集団など、宗教的な結社の動きに異常なまでに神経をとがらせるのは、歴代王朝の皇帝たちと変わりない。

それは、中国の体制が 「共産党政権という名前の王朝支配」 であることを示していると、私なんぞは思っている。戦闘の舞台が、現実の国土から共産党内部の権力争いという、少しバーチャルなものに移行しただけの違いだ。

そんなだから、チベット仏教の指導者の輪廻転生という、メタフィジカルなコンセプトに、「許可制」 なんぞというおとぎ話を言い出して、まったく恥じないのである。

ちなみに宗教は、近代的なレジームにおいては、ポスト・モダニズムのファクターたり得ることもある。以前、オウム真理教の中にそれを期待して、こけてしまった学者もいて、なかなか難しい課題なのだが、単なる因習と切って捨てるには、もったいないものなのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「チャイナフリー」 を巡る冒険 | トップページ | トイレ友達とメール友達 »

哲学・精神世界」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/16041709

この記事へのトラックバック一覧です: 転生を許可制にしようとするおとぎ話:

« 「チャイナフリー」 を巡る冒険 | トップページ | トイレ友達とメール友達 »